グランディア

グランディア

『グランディア』は1997年にセガサターン用として、
ゲームアーツから発売されました。

世間的にはSSを代表するRPGになるんですかね。

ゲームジャンル:RPG

グランディア

このゲームは一部では熱狂的な人気があるようですね。
わりと自分よりも下の世代に人気があったような。

まぁ、世間一般には名作との認識の方が強いのでしょうが、
どうやら私は肌に合わなかったみたいです。
今から初代をプレイしようって人がいるかは分かりませんが、
一応参考程度にってことで。

まず良い点として、
大作ならではのスケール感やボリュームは良かったですね。
3D背景に2Dのキャラという組み合わせも新鮮でした。

ただ、3Dの背景はイマイチ存在意義がなかったような。
もう少し動き回れたり3Dを活かした要素が欲しかったわけで、
あまり上手く使い切れてなかったと思います。

また、戦闘がどうにも合いませんでしたね。
難易度が低くて適当にやっても進めちゃって歯ごたえがなかったし、
そもそもシステムが駄目だったんです。
あのチマチマ動かなければならない戦闘が、
致命的に私にあわないみたいですね。
『クロノトリガー』もそうなんですが、
好きな人は好きみたいですが、私にはとにかくかったるくて。
動き回るというのは、アクション系の戦闘では非常に効果的だと思いますが、
非アクション系の戦闘で一体どういう効果があるのか?
私にはいまだにそこら辺がよく分からないです。

まぁ、気にならない人はきっと楽しめるのでしょうが、
私みたいな人は要注意でしょうね。

もっとも、ここまでは別に構わない気もしますけどね。
私の場合、自分に合わないのはプラスにならないだけで、
マイナス評価にはなりませんから。
むしろそれ以上に問題な点があって、それがキャラなんですね。
RPGには多々見られる要素ではありますが、
あまりにもガキ臭い主人公らと、
それ以上にありえないくらい馬鹿すぎる周りの大人たち。
本作はとにかくこの傾向が強くてね、私には耐えられませんでした。
主人公らの年齢は小中学生に当たる年頃ですよね、
同じような年頃にプレイしていればまた違った感想もあったかもですが、
ちょっと遅すぎた感じですね。

ただ、RPGっていつからこうなったのかな?
大抵は世界を救うって話なので、
つまりは普通の大人では解決できない問題なわけです。
だから普通の大人より優秀な勇者みたいなの(つまりは主人公)が出てきて、
その問題を解決するんですよね。
この主人公らが本当に優秀なままだったら良かったのですが、
プレイヤー側の感情移入を促進するためにか、低年齢化が進みました。
そして主人公より周りが優秀では意味がなくなるからか、
国王をはじめとした大人たちが凄く馬鹿な存在になっていきました。
大まかな変遷はこんな感じですかね。
とにかく、必要以上に周りが馬鹿すぎる傾向にはうんざりするんですよね。
魔王だとか外的要因による世界の危機以前に、
ほっといてもそんな国は終わりだろと思いますし、
リアリティも何も感じられないですから。

ストーリーがあってないようなものだった80年代のRPGでは、
こういうことは感じませんでした。
90年代に入りストーリーが進化していったわけですが、
その一方で特にゲーム機のRPGではこういう側面も進んでいったわけで、
本作は多くのRPGが潜在的に持っている嫌な部分を、
まざまざと見せられた気がして、
残念ながら久しぶりに当てが外れてしまったゲームでしたね。

ランク:D-(凡作)

グランディア

関連するタグ セガサターン /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/323-ccf1839e
| ホームへ戻る |