『カサブランカの蕾』

『カサブランカの蕾』

『カサブランカの蕾』は、2017年にWIN用として、
DOLCEから発売されました。

久しぶりにダーク系の楽しめる作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・ドクドクドク……ッ。
真っ赤に燃えたぎる欲望が全身を駆け巡った。
ドクドクドク……ッ。真っ黒で、薄汚い情熱が迸る。
真っ白で穢を知らないその花を。
真っ白でカレンで、触れる事さえ許されない君を。
染めたい、染めたい、染めたい。
僕の色に、僕のモノに、僕の愛に。
主人公の成瀬イツキはまだ知らなかった。
それが、平穏で穏やかな日常の自分の中に潜む……。
本当の姿だった事を。
椎名ユリと恋人として過ごす日常。
その影でとある事をきっかけに
平山ミクと四條カナと関係を持つ事となってしまう。
背徳的で、破滅的で、異様な関係。
カサブランカの蕾はまだ開かない。

<ストーリー>


本作は、簡単に言ってしまうと、
エロ要素の多い恋愛ものとなります。

しかし、後述するように鬱な内容を含むことから、
よくあるテンプレな恋愛ハーレムものとは異なります。
他方で、わりとストーリー性も高いうえに、
上記の様な内容なわけですから、
単にエロだけを求めてプレイすると、
気分が滅入ってしまうおそれがあります。

つまり本作は、ここ最近のよくあるタイプのエロゲとは異なるわけで、
ある意味、現在のエロゲ需要に沿っていないとも言えることから、
合わない人もそれなりにいることが、当然予想されます。
しかしながら、逆に今のエロゲに不満のあるような人には、
大きな満足を与えてくれる作品ともなりえるわけで、
何を求めるかで意見が分かれうる類の作品と言えるのでしょう。

さて、本作に登場するヒロインは、3人になります。
本作では、この3人のヒロインとの、
ドロドロとした四角関係が描かれます。
ヒロインとのかかわりにより、
次第に変態性が増して変えられていく主人公。
その一方で、その主人公とかかわることにより、
少しずつ黒く染まっていくヒロインたち。
その変わりゆく姿が、とても印象的な作品でした。

個人的に一番好きなヒロインはカナだったのですが、
この子は、ある意味一番普通なのだけれど、
逆にストーリーも一番普通で、少しもの足りなかったですかね。

したがって、ストーリー的に特徴のあるのは、
残りの二人の方になるわけでして。
二人のうちの一人は、いわゆる悪女ですね。
人のものに執着し暗躍する、発端となった少女。
この子のルートは、ENDでの主人公が可哀相でもあるので、
ハッピーエンドでなきゃ駄目な人には合わないでしょうが、
まぁこういうルートがあること自体は、
一つの作品としては十分にありだと思います。

で、もっと問題なのが、もう一人の少女でして。
純粋だったはずが、次第に主人公により狂わされていき、
そうして大きくなっていった黒い蕾が、やがて開花すると。
ラストは、かなり胸糞悪いENDなので、
そういうのに耐性がない人だと、結構くるものがあると思います。

全体的に、背徳感とかも中盤までは良かったけれど、
それはメインではなくて、
むしろそれ以上に、ヒロインらが黒く染まっていく過程が、
この作品の一番の特徴なのだといえるでしょう。

あと気になる点があるとすれば、ENDですかね。
本作の場合、主人公はあまり何もしていないので、
どっちかというと、主人公のストーリーというのではなく、
ヒロインのストーリーを、主人公を通して見るって感じなんですね。
そして個人的には、胸糞悪いのは確かなんだけれど、
その胸糞悪さにストーリー上の説得力があれば
それはそれで、そういう方向性もありだと思いますし、
納得できたはずなのですよ。
だからメインヒロインの終わり方も、
その終わり方自体はありだと思うのですが、
そこに至るつなぎ方が、やや唐突だったのかなと。
本作はミドルプライスの作品ですが、
フルプライスにしても良いから、
ENDに向けてもうワンクッション加えて、丁寧につないでいれば、
名作足りえる作品になったように思います。
そういう意味では、非常に惜しい作品でした。

<感想>


あとは、ここの作品は絵や音は良いけれど、
ストーリーが物足りないって作品が多かったんですよね。

しかし今回は逆で、ストーリーは良かったけれど、
その他が平凡な印象であり、
ストーリー以外の加点がないのが、
少々残念でした。

<総合>


総合では、良作と言えるでしょう。
ラストをもう少し厚く書いていればと思うと、
ちょっと勿体なかったですけどね。

はじめに書いたところとも重なるのですが、
市場のニーズにはあってないかもしれないけれど、
それでも良くこの作品を出したということを、
まずは喜びたいと思います。

本作は、90年代後半までは結構あった、
いわゆるダーク系作品になるのでしょう。
ダーク系は、一時は人気だったんですけれどね。
ゼロ年代前半には、もうその言葉を聞くことがなくなったわけで、
言い換えれば、該当する作品が、
エロゲにはなくなったということなんですよね。
古くからのユーザーにはダーク系が好きだった人もいるでしょうし、
久しぶりのダーク系の良作ですから、
そういう人には、ぜひおすすめしたいと思います。
他方で、ダーク系って何だよと思うような若いユーザーの場合、
当該ジャンルに馴染みがないということですから、
本作も新鮮な気持ちでプレイできるでしょう。
なので、鬱になりそうなシナリオも大丈夫であるというのであれば、
そういう人にもプレイしてみてもらいたいです。

思うに、エロゲ史における2016年というのは、
復興の年と言えるのかもしれません。
それがルネサンスと呼べるほどの規模に至るのか、
それとも過去の模倣レベルで終わってしまうのか、
その辺は今現在では断言することはできず、
もうしばらく経ってみないと分からないことではあるのですが。
本作についても、名作と呼ぶには、
もう一押し足りない部分があったので、
それで良作とはしていますが、
この手のジャンルが復興することは非常に喜ばしいですし、
このライターの作品には今後も期待したいものですね。

ランク:B-(良作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3229-7252a766
| ホームへ戻る |