NOeL3

NOeL3

『NOeL3(ノエルスリー)』は1998年にSS用として、
パイオニアLDCから発売されました。

NOELシリーズの第3作目となります。

ゲームジャンル:ハッキングADV



さて、上記のように3作目なのですが、
これまでの2作品とは雰囲気がガラっと変わったわけでして。
変化を好む私としてはそういうアプローチは嬉しいところなのですが、
前作のファンで前作と同じ路線を求める層にはどうなんだろと思うわけで、
そのおもいきった路線転換に非常に驚かされた作品でした。

NOeL3ではテロリストらによりヒロインの学校が占拠され、
生徒たちが人質にされてしまいます。
その人質に適切な指示を与え、
無事に救出させることがゲームの目的となります。

ストーリー的にも前作とガラリと変わって緊張感のある流れなわけですが、
ゲーム的にも若干異なってきます。
まぁ、ツールとか基本部分は同じなんですけどね、
設定の関係からゲームの大部分はハッキング作業となります。

あちこち調べてハッキングをし、そこから情報を得る。
ときには予想外のものも得られますし、
ちょっとした覗き見的な要素は盗撮系が好きな私には向いていました。
また、単純にこういうハッキング特化のゲーム自体珍しいので、
新鮮な感覚でプレイできるのは間違いないでしょう。

このシリーズは伝統的にグラフィック等も良いですし、
同じことではなく新しいものを、
完成度より独自性を求める私のような人間に向いた作品だったと思います。

ただ、独自性があるのは良いのですが、
完成度という面ではどうなのかなと思うわけでして。
ゲームとはプレイヤーのアクションと、
それに対するCPUのリアクションの繰り返しで構成されます。
その中でも、NOeL3はリアクション部分が弱かったのですよ。

つまり、NOeL3はリサーチとハッキングの繰り返しになるのですが、
これが展開的にやや単調になっていたんですね。
繰り返しの動作が作業と感じる人には向いていませんし、
労力のわりに見返りが少ないので、
ぶっちゃけ面倒って感じられやすいゲームだったのです。

総合では、良作ってところでしょうか。
発想は面白かったと思うのですが、
やや単調さと面倒さも目立ってしまいましたからね。
独自性重視の私のような人には良作と感じられましたが、
完成度重視の人や面倒なのが苦手な人には、
佳作以下と思われても仕方ないかもしれないですし。

まぁ、決して欠点のないゲームではないのですが、
代わりになるゲームもないですしね。
ノベルゲームばっかになった今日にあっては、
余計にも新鮮に感じられるでしょう。
読むゲームも良いけれど、
たまには能動的でかわったADVもやりたいっていうのであれば、
こういう作品も良いかと思いますね。

ランク:B(良作)



関連するタグ セガサターン /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/322-859d6238
| ホームへ戻る |