<備忘録> 2007年のエロゲ その3

<備忘録> 2007年のエロゲ その3

2007年のエロゲを忘れないうちに振り返ってみる

全何回に引き続き、3回目になります。

<グラフィック>


この年のグラフィックとしては、
世間一般での話題性も含めるならば、
『タイムリープ』を忘れるわけにはいかないでしょう。

発売前のベンチマークで遊んだ人はかなり多いはず。
この時は、今後のエロゲは皆こうなっていくのかと、
期待を胸に秘めていた人も多かったのではないでしょうか。
そういう意味では、まだこの頃のエロゲには、
夢が残っていましたよね。
まさか、あれから10年経っても二次元が中心とは、
思いもしなかったですが・・・


まぁ、二次元には二次元の良さがあるということで、
二次元のノベルゲーの演出にも、まだまだ進化の余地があります。
同年の中では、最も演出の優れた作品、
つまりは絵の上手い使い方だなと感心したのが、
女性向けの同人になりますが、『僕のこと彼らのこと』でした。
これ、今現在でも、この作品より演出の優れた作品って、
数えるくらいしかないのではないでしょうか。


他方で、上記の作品が使い方の上手さに特徴があったのに対し、
違う観点から、つまり技術的に優れていたなと感心したのが、
『明日の君と逢うために』でした。


あとは、個人的な思い入れというか、ベストOP賞という観点からは、
『赫炎のインガノック』でしょうね。
あのデモは凄かったです。


まぁネガティブな捉え方をすれば、
タイムリープもインガノックも発売前の段階、
つまりベンチやらデモやらで満足してしまって、
実際のプレイではそれ以上のものはなかったともいえますけどね。
でも、それでも、発売前にワクワクすることも減っている現状では、
こういう発売前にワクワクさせてくれる作品があったということは、
それだけでも大きいことのように想うのです。

<女性向け>


女性向けといっても、大きく分けるとBLと乙女があります。
ただ、アダルトゲームに関していうならば、
ゼロ年代前半にBLゲームが先に進化しており、
代表作も何本も登場しました。
それに比べると、アダルトの乙女ゲームの登場・進化は遅れており、
ゼロ年代後半になってようやく、
BLや男性向けに追いついてきたように思います。
その一つの例としては、『仁義なき乙女』が挙げられるでしょうか。


もっとも、この年に関しては、まだBLゲーの方が優れてましたかね。
男性向けでいうところのシナリオゲーに相当する作品は、
BLでも早くから登場していたのですが、
意外と抜きゲーに相当するような過激なエロ作品は少なかったわけで、
この年の『コイビト遊戯』の過激さは際立っていました。
もっとも、単に過激というだけではなくて、
シナリオが丸木文華さんですからね。
ストーリーの優れた作品も作れる方だけに、
テキストも安定して読むことができ、
その辺が男性向けの抜きゲーとは異なるところでもあるのでしょう。


過激路線という意味では、『鬼畜眼鏡』も外せません。
私はそんなに好きでもないのですが、
あちこち見ていると、ファンの多い作品ってのはすぐに分りますしね。


他には、グラフィックの点で、上記にあるとおり、
『僕のこと彼らのこと』ですね。
他に『冬のお伽ばなし』などもあり、
同人が頑張ったイメージもありますね。


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「備忘録」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3210-e7d0ac7c
| ホームへ戻る |