『VISION2』

『VISION2』

『VISION2』は1991年にPC98用として、
M.I.Nから発売されました。

ストーリー重視の三角関係モノであり、
映像の使い方が印象的な作品でしたね。

vision201.jpg

<ストーリー>


はじめに、本作は『VISION』の続きですので、
まずはそちらからお読みください。

直接の続き物ではあるのですが、
前作がある意味エロ目的の作品であったのに対し、
今作は完全にストーリー重視の作品となっていることから、
作風としては全然異なったものになっています。

さて、前作で同級生のアリサと恋人になった主人公。
クラス替えで別々のクラスになってしまったところ、
新しいクラスには幼馴染の女の子がいました。
その子は幼稚園時代に一緒だったものの、
一度他所に引っ越し、また戻ってきたのです。
vision202.jpg

ストーリーのジャンルとしては、恋愛モノ、
具体的には主人公が恋人と幼馴染との間で揺れ動くというもので、
二股とか三角関係モノといえるのでしょう。

ストーリージャンルについて補足するとすれば、
本作が発売されたのが91年であるということでしょうね。
例えば、90年代後半以降の、
WIN時代しか知らない人が書いたエロゲの本とかだと、
ストーリー重視の作品は90年代後半に入って出てきたとか、
恋愛モノも92年の『同級生』からみたいな表記があります。
しかし、私のこれまでの記事を読んでくれた人ならば、
それが完全に誤りであることは理解されていると思います。
ストーリー重視としか言えないような作品も、
それこそ80年代後半のPC88時代から何本も発売されているからです。
また、恋愛モノについても、
『同級生』以前から何本も発売されているのです。

もっとも、恋愛モノに関しては、
80年代や90年代頭の商業ADVにおいては、
作品数が少なかったのも事実ではあるのでしょう。
商業ADVは推理モノやSFモノが多かったですし、
美少女ゲームにしても、エロとの兼ね合いもあり、
ナンパゲーム的な作品が多かったですから、
本格的に恋愛モノと呼べる作品は少なかったのです。
じゃあ、純粋なる恋愛モノで、ストーリー重視の作品があるとすれば、
一体どこになるのかというと、
おそらくその答えは当時の同人ゲームになるのでしょう。

今の同人ゲームも、商業には少ないジャンル、
商業ではマニアックとされるジャンルが多く存在しますよね。
つまりは、その時期その時期で、マイナーとされるジャンル、
商業で商品化することが難しいと思われるジャンルが、
同人では多くみられるのであり、
それは今も昔も変わらないということです。
恋愛ゲームは、今でこそアダルトゲームの主流ですが、
当時は決して主流ではなく、
マイナージャンルでしかありませんでした。
だったら、当時の恋愛ゲーを探すならば、
同人を探すべきなのであり、
実際に当時の同人作品の中には、エロなしも含めると、
本作のような恋愛モノが幾つも発売されていたのです。

少し余談になりますが、
90年代後半からエロゲに入り、エロゲの歴史的なものを語る人は、
90年代後半以降に関しては、同人もひっくるめて語ることが多いです。
それなのに、それより前の時代については、
当時の同人については一切触れることがなく、
恋愛モノもストーリー重視(シナリオ重視)も、
まるで存在していないみたいに書いているから、
私としては、事実と全然違うと言いたくなってしまうわけなんですよね。
まぁ、書く方だけでなく読む方にもそうなんですけどね。
偏った本を読んで、俯瞰的に書かれているだのという書評を見ると、
あぁこの人全然見る目ないなと思ってしまうし、
そういう人がツイッターとかで大々的に間違ったことを広めると、
ますます誤解が広がるだけですから、正直迷惑に思ってしまいます。

さて、かように本作は、ストーリー重視、
或いはエロゲユーザー的な表現を用いるならば、
シナリオ重視の作品となるのですが、
肝心のストーリー自体の出来は、
平凡と言わざるをえないのでしょう。
全てはクズで優柔不断な主人公のせいですし、
一人で勝手にグダグダな関係にしただけの内容ですし。

もっとも、そういう内容の作品が、
後のエロゲでは一部ユーザーに高く支持されているようなので、
そういう人たちには受けやすいのかもしれませんけれどね。
私はあまりある作品がある作品に影響を与えたとか、
そういう表現は好きではないので、ほとんど使っていません。
しかし、該当する二作品間に非常に似た部分があり、そのことに対し、
先の作品が後の作品に影響を与えたと表現して良いのであれば、
本作は『君が望む永遠』とか、
WAやWA2とかに影響を与えた作品ということもできるのでしょう。

<グラフィック>


まぁ、影響云々の話は、私は嫌いなので、
本作に対する私の評価には全く関係していませんけどね。

だからストーリーだけであれば、
本作に対する私の印象や評価は良くはならなかったでしょう。
私が本作をプレイしていて非常に惹きつけられたのは、
グラフィック、特にその構図や使い方にあったのです。

特に印象的な場面は、下の場面になるでしょうか。
アリサに黙って幼馴染とデートをしていたことがばれた主人公は、
弁解しようとアリサに電話をします。
必死な様子で電話をかけるCGが表示され、
電話の呼び出し音が鳴り続ける中、
画面はアリサの家の中にかわります。
画面手前で鳴り続ける電話の音と、
画面奥で無言のまま、家の中にいるのに出ようとしないアリサの姿。
そこにテキストは何もないのだけれど、二人の心境が、
たった2枚のCGと効果音から痛いほど伝わってきました。
もっと端的に言えば、下の一枚の絵だけからでも、
二人の心境や心の距離など、
様々なことを感じることができたのです。
vision203.jpg

この作品、発売自体は古いです。
しかし私がこの作品をプレイすることができたのは、
発売から十数年以上経ってからのことでした。
その間、多くの新作をプレイしてきました。
今のエロゲはノベルゲーが大半ですが、
近年のノベルゲーに対しては時々思うことがあります。
ノベルゲーの好きな人にその魅力を聞くと、
シナリオと絵と音が融合し、小説や漫画にはない魅力があるのだと、
表現は多少異なれど、そういう内容の意見を聞くことが多いです。
しかしながら、本当に絵と音が融合し、
一つの作品として昇華している作品はどれだけあるのでしょう。
特にシナリオゲーなどと呼ばれ、
シナリオライターの色が濃い作品ほどシナリオばかりが強調され、
絵や音がきちんと連動していない作品があったりします。
その場合、確かにテキストは面白いのかもしれませんが、
小説や漫画にはないプラスアルファは存在せず、
ただの高いだけの読み物となってしまいます。
それではノベルゲーとしての、
一つの作品としての完成度としては低いと言わざるをえません。
残念なことに、そのように感じてしまう作品が増えているのも、
事実ではあるのでしょう。

そんな中でプレイした本作は、古い作品であるはずなのに、
たった一枚のCGの存在により、
解像度が高く色数も多くて綺麗なはずの新作をプレイするよりも、
よっぽど衝撃を受け、印象深い作品となったのです。

<総合>


総合としては、いろいろ弱い部分もありますので、
良作にとどまると言えるのでしょう。

ただ、一つの作品として必要なはずなのに、
近年のシナリオゲーに欠けやすくなっているものがここにはあったと。

まぁ、逆に、ソニアは絵で魅せることにこだわりすぎ、
その後、絵以外の部分が疎かになっていくわけでして。
なかなか上手くいかないものですね・・・
私は作るわけでもないので、何も言えないところではありますが、
各ブランドが方向性の異なるブランドからも学ぶ姿勢を持って、
少しでも良い作品が増えてくれると良いですね。

ランク:B(良作)


関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3205-21a344ea
| ホームへ戻る |