『VISION』

『VISION』

『VISION』は1991年にPC98用として、
M.I.Nから発売されました。

ソニアのVIPERシリーズなどで有名な会社の、
同人時代の作品になります。

vision01.jpg

<総論>


ゼロ年代以降のエロゲユーザーだと、
もう知らない人も多いのかもしれませんが、
PC98時代のユーザーなら誰でも知っているブランドの一つに、
ソニアというブランドがありました。
会社としては「サイレンス」というところになるのですが、
一般ゲーはサイレンス名義で、
アダルトゲームはソニア名義などで作品を出していたようですね。

代表の中村謙一郎さんが元アニメーターということもあり、
発売される作品はどれもアニメーションに非常に強く、
PC98時代のエロゲのアニメーションといえば、
ソニアってまっ先に出てくるほどでした。

今回扱うM.I.Nというのは、
そのサイレンスの母体となる同人サークルになります。
具体的には、中村謙一郎さんはサイレンス設立前に、
M.I.Nという同人サークルから作品を発売しており、
そこで得た資金などを元にして、
サイレンスへとつながっていくわけですね。
そして本作は、そのM.I.N時代の作品になります。

<感想>


ストーリーは、とてもシンプルです。
主人公が商店街に行くと、雨に降られてしまいます。
あわてて家に帰ってみると、
自宅の前で雨宿りをしている女の子がいます。
その子は同級生のアリサという少女で、
濡れた服を乾かすために主人公の家にあがることに。
その後は、会話をしているうちに両想いだったということで、
結ばれるという流れになります。

まぁストーリー自体は、今更取り上げる必要はないのでしょうが、
自分が本当に書きたかったのは次の『VISION2』でして。
『VISION2』は絶対書かなければと思ったものの、
『VISION2』は本作の続きの話なので、
どうしても本作から取り上げなければ駄目だろうってことで、
本作を先に取り扱うことにしたという次第です。

本作の特徴としては、まずはグラフィックですかね。
商業化後のソニア作品とかはアニメーションがうりになりますが、
同人時代の作品にはアニメーションのないものもあり、
本作にもアニメーションはありません。
ただ、CGの使い方などは、
さすがにアニメーターが作ったという雰囲気が伝わってきますし、
同人といえど素人とは違うのだということは分かります。

キャラデザも、とても可愛かったですね。
っていうか、91年のこの時期でこのキャラの可愛さは、
商業通じてもトップクラスと言えるように思います。
ただ、たぶん同時期のアダルトゲームの原画とは、
ちょっと雰囲気が異なるのかなと。
どちらかというとアニメとかのキャラの印象が、
より強く出ているようにも思います。
この辺も、エロゲ畑と異なる分野からの参入ならでは・・・
といったところでしょうか。

<ゲームデザイン>


本作はコマンド選択式ADVになります。

後のソニアの作品とかは、ほとんどアニメになっていきますし、
同人であっても『VISION2』なんかは、
読ませることに重点がおかれていて、
かなりゲーム性は抑えられています。
それらと比べると、本作はゲーム性が高くなっています。

まぁ、だからと言って、それがプラスになるとは限らないのですけどね。
というのも、ボリュームのわりにゲームオーバーが異常に多いのです。
基本は普通のコマンドが表示されるのですが、
場面によりそのコマンドの中に選択肢も混ざります。
今思えば、通常のコマンドと選択肢を別に表示すれば、
おそらく混乱はなかったのでしょう。
しかし一緒に表示したものだから、
普通のコマンドを選ぶ感覚で何気なしに選んでしまうわけでして。
そして間違った選択肢を選ぶと、
一発でゲームオーバーになってしまうのです。
ゲーム性がないよりあった方が良いのは理想論としてありますが、
ここに関しては後の作品のように、
ゲーム部分は抑え目にした方が良いように思います。

<総合>


本作だけでいうのならば、甘くみても佳作程度なのかなと。
次の『VISION2』があるからこそ、
この作品も外せないという感じですからね。

とりあえず今回は、昔ソニアというブランドがあり、
その同人時代にM.I.Nというサークルがあったこと、
それとこの『VISION』シリーズですね。
それらがあったことだけでも覚えておいてもらいたいと思います。

ランク:C-(佳作)

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3204-9269bd77
| ホームへ戻る |