『月影のシミュラクル -解放の羽-』

『月影のシミュラクル -解放の羽-』

『月影のシミュラクル 解放の羽』は2016年にWIN用として、
あっぷりけから発売されました。

オダワラハコネ&桐月コンビということで、
今回も安定した面白さでした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
――その館には、生きた人形が棲んでいる。
からくり師の一族である、如月家。
その分家である主人公――卯月誠一は、
夏休みに合わせ故郷の街へをする事になった。
この一族には、ひとつの秘密がある。
『如月の生き人形』と言われる、一族の開祖が使役していた、
少女の人形<ヒトガタ>  涙を流し、笑い、
そして主人が亡くなる時に眠るように動きを止めたという。
そして誠一が帰郷する理由も、この『生き人形』と、
それにまつわる『儀式』のためだった。
久しぶりに帰ってきた故郷で出会うのは、
幼馴染の少女達と妖<あやかし>の世界
辿り着く先は、果たして人の世か、それとも……。

<感想>


あっぷりけのオダワラハコネ&桐月コンビによる作品ですね。
『コンチェルトノート』や『黄昏のシンセミア』が面白かったものの、
その後は少し停滞していたこと、
今作はミドルプライスであったことから、
発売前は期待はしつつも過度には期待していませんでした。
結論としては予想通りであり、無難に手堅く楽しめる作品だったかなと。

物語のジャンルとしては伝奇モノになります。
近年の一般的なエロゲのように、何気ない日常シーンや、
ヒロインとの恋愛話の先に個別のシナリオがあるのではなく、
終始ストーリー主導でありつつ、
その中にキャラの魅力を織り交ぜた作品になっています。
まぁある意味PC98時代のノベルゲーっぽい構造とも言えますし、
桐月さんらしい作品とも言えるように思います。
最初からストーリー主導であることから、
物語に入っていきやすかったですし、
何か久しぶりにスーっと入って物語を堪能できました。
その点では非常に満足できたのですが、
桐月さんは一瞬のキレで勝負するタイプではなくて、
積み重ねで良さが発揮されるタイプだと思うんですよね。
それもストーリー主導でありつつ、ストーリーそのものの良さではなく、
その中でキャラの魅力が積み重なっていくところに、
良さがあるのだと思っています。
過去の代表作も、どちらかというとストーリー主導で、
露骨にキャラを重視した作品ではないのだけれど、
ボリュームを積み重ねることによって、
キャラの魅力が増していった作品だと思いますし。
だから本作も面白くはあるのだけれど、
シンセミアのような過去の代表作と比べると、
ミドルプライスになった分だけのもの足りなさも感じてしまうと。
基本的に私は、今のエロゲは無駄に長い、
もっと短くしろと思うタイプなのですが、
桐月さんに関しては上記の様なタイプだと思っていますので、
この作品もミドルプライスではなく、
フルプライス作品としての規模で見てみたかったように思います。
まぁ、本作は本作でキッチリまとまっているので、
無理に規模を大きくして、それで面白くなるとは限らないので、
無茶な要望かもしれませんけどね。

とりあえず、無駄を省いてスッキリ纏まっているので、
その意味ではミドルプライスで上手くいったと言えるのでしょう。
他方で、確かに読んでいて面白いのだけれど、
ストーリー重視とかキャラ重視とかスパッと分かれる類ではないので、
突き抜けた何かがあるわけではないわけでして。
基本的にミドルやロープライスの作品は、
私は一点特化型の方が向いていると思いますので、
その考えとは少し方向性の異なった作品とも言えるのでしょう。

ストーリー以外については、フローチャート完備など、
相変わらずシステム周りは充実して遊びやすいですし、
グラフィックもサウンドも適度な分岐によるやり応えも、
どれも高水準に纏まっていました。
個人的には、主題歌も好きでしたね。
しいていえば、若干CG枚数が少ないかなとは思いますが、
まぁほぼ全ての要素で高水準にまとめ上げた、
欠点のない作品と言えるでしょう。

<総合>


ほぼ全ての面で高水準に纏まった良作ですね。
ただ、その一方で、これはと言えるような、
突き抜けた部分もなかったわけでして。
ボリュームも価格相当ということも踏まえると、
名作として過度の期待をすると、
少しもの足りなく感じてしまうように思います。

とりあえず、過去の代表作のファンは遊んで損はしないでしょう。
このブランドの良さを分かりきっているファンならば、
無駄が省かれ洗練された分、過去作より良く感じる人もいると思います。
逆に未経験者には、本作に強烈なアピールポイントがないため、
良さが伝わりきらないおそれもあるので、
そう考えるとブランドのファン向けとは言えるかもしれません。
しかし、最近は読んだ気になる作品って減りましたからね。
だから最近、読んだ~って思えるストーリー重視作品をプレイしてないな、
またそういうのプレイしたいなって思う人には、
本作はオススメできる作品だと思いますね。

ランク:B(良作)

AMAZON


駿河屋


DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3202-6783f30d
| ホームへ戻る |