デスピリア

デスピリア

『デスピリア』は2000年にドリームキャスト用として、
アトラスから発売されました。

ゲームジャンル:ADV+RPG
属性:ダーク ホラー 鬱

デスピリア

販売元のジャンル表記ではマインドRPGと書いてありますが、
基本はADVと考えた方が良いでしょう。
ADVにRPGの戦闘が演出的に付加されたものと考えるのが、
一番合っているかと思います。
まぁ、戦闘メインのRPGを期待する人はそんなにいないと思いますが、
そういう人がいたら一応注意しておいた方が良いでしょう。

さて、本作の特徴は何といってもマインドダイブにあります。
つまり、本作の主人公は相手の心の中を読んだり、
物の残留思念を読み取ったりすることができるんですね。
こういう設定のは比較的好きということもあって、
それで購入したようなものです。

このゲーム、世間一般の認識で言えば、
鬱であるとか、ダークであるとか、狂気じみた世界観であるとか、
まぁそういった雰囲気の作品なわけです。
なのでそういうのが苦手な人には向かないのですが、
例えばPSの『クーロンズゲート』であるとか、
『バロック』とかが好きな人には向いているタイプのゲームだと思います。

で、家庭用ゲーム機オンリーで考えるならば、
それなりに上手く表現できていたのでしょう。
発売当時からそれなりの評価は得ていましたしね。
肯定的に捉えるならば、良くゲーム機で出せたなって思いますし。

しかし逆から言えば、
これがやっぱり一般向けのゲーム機の限界なんでしょうね。
この手のPCゲーに慣れている私には、全く物足りませんでした。
常に予想したラインの下を行く感じで、
完全に拍子抜けしてしまいました。

まぁ世間では結構評判が良いので、
この手の感覚に私が麻痺してしまっただけかもしれませんが、
この手が好きな人ほどかえって楽しめないんじゃないかなと思ったり。
具体的に言えば、PCゲーをやってるか否かですね。
それで感想が大分変わってくるような気がします。
私がPCゲーをやっていなければ、
もしかしたら名作に感じていたかもしれませんし。
期待していたし、
風変わりな作品を作ろうとした姿勢は評価したいですが、
非常に残念でしたね。

ランク:D(凡作)

デスピリア

関連するタグ ドリームキャスト /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/320-588e885b
| ホームへ戻る |