『は~とふるママン』

『は~とふるママン』

『は~とふるママン』は2016年にWIN用として、
アリスソフトから発売されました。

人妻ものはこれまでも何本か発売されていたのですが、
今作ではついにママものになります。



<概要>


ゲームジャンルは一応ADVなのですが、ちょっと複雑です。
まぁ、アリスの作品をプレイしてきた人であれば、
いつものやつと言えば分かると思いますけれど。

商品紹介・・・
ついにアリスソフトからママものが発売だ!
妻みぐい・妻しぼり・母娘乱館と、「人妻」に人生を捧げた風麟が
今度はママ(義母)ものに挑戦します!
原画は超昂シリーズやぱすてるチャイムシリーズのおにぎりくんが担当!
父親の再婚相手(ママン)に甘えて癒されよう!
ママンからの際どいスキンシップに、やがて我慢も限界に!
さらに、魅力的なママンは、他の男たちのターゲットにも!?
自分の行動でママンの運命が変わる母性愛堪能ADV!

<感想>


義母である汐梨さんに、ひたすら甘えるという作品ですね。

これまでにも人妻特化の作品はありましたが、
それをママものにしたという作品です。
特にゲームシステムに関しては、
『母淫乱館』や『妻みぐい3』と似ていることもあり、
システム面からは後継的な作品ということもできるのでしょう。

また、人妻ものとママものというメインジャンルの違いはあれど、
作品内に寝取りと寝取られとが混在している点でも、
上記の『母淫乱館』や『妻みぐい3』と同様です。
かかるアリス特有の寝取り寝取られが混在した構造は、
人によってはキャラがぶれて見えてしまうおそれもあり、
そのため、汐梨さんにはまりきれない人も一定数いるかとは思います。
これはもう、構造上仕方ないですね。
それさえ気にしなければ、作品全体を通してみると、
その包み込んでくれるような雰囲気が十分に出ていますし、
汐梨さんに甘えて癒されることができると思います。

<原画>


本作の原画はおにぎりくんになります。
おにぎりくんのデビュー作である『アトラク=ナクア』は、
初めて見た時、こんな原画家がいるのかと思い、
個人的にはとても衝撃的でした。
その後の『ダークロウズ』も非常に大好きでしたし、
この時期、つまり90年代後半の話になりますが、
おにぎりくんは私にとって最も好きな原画家でした。

ただ、それ以降は、実はそれ程好きでもなかったりします。
おにぎりくんのエロ重視作品というと、
エスカレイヤーやハルカがあり、
それらも一般的には人気があるのですが、
その一般的な人気ほどには、私ははまれなかったのです。

あまり深く考えたこともなかったのだけれど、
今あらためて考えるならば、
私はおにぎりくんの描く色気のあるキャラが好きなんでしょう。
『アトラク=ナクア』の初音は、見た目こそ若いですが、
それでも十分な色気を持っています。
『ダークロウズ』にいたっては、ティアリスにエレーヌに女将軍と、
方向性の異なる色気を持つヒロインらが一杯いました。
エスカレイヤーやハルカは、その辺がもの足りなかったんです。

本作の汐梨さんは、色気を前面に出すタイプではなく、
母性であたたかく包み込んでくれるタイプの女性ではあります。
とはいえ、それはそれで、そういうタイプの女性としての、
大人の女性としての魅力・色気を感じられたわけで、
プレイしていて、あぁ~これだと思いました。

おにぎりくんは、作品数自体は結構な数になるものの、
「大~」シリーズなど、
アリス内でも大作と呼ばれるような作品を担当することが多く、
それらの作品では個々のヒロインが深く掘り下げられません。
特定のヒロインを掘り下げる作品の場合、
上述のようにゼロ年代は炉利っぽいヒロインが多かったため、
本作のように良いなと思える作品に出合えるまで、
15年以上もかかったのです。
そういう意味では、長かったな~、
でも待ってて良かったな~と思える作品でした。

まぁ、個人的な好みでいうならば、
エレーヌが少年の筆おろしをするシーンのような感じで、
一本作り込んでくれた方が嬉しいのですけどね。
でも、市場での需要を考えるならば、
本作のようなあまあまなママンの方が良いのでしょうね。

<ゲームデザイン>


というわけで、部分的にはとても満足できた作品なのですが、
ネックとなるのは、やはりゲームデザインですね。
これは単に私が不満を抱いたというだけでなく、
おそらく皆が一番不満を抱きやすいところでもあると思います。

上記のように本作は、
『母淫乱館』や『妻みぐい3』と似たシステムになっています。
そして本作は、難易度の高さはそのままに、
それら作品よりもシンプルな構造になっているのです。

シンプルになったことから、ゲームとしての面白味は減り、
単調な作業という側面が強くなってしまいました。
それでいて難易度の高さだけはあるものだから、
余計にも面倒に感じられやすいのです。
そもそもエロ重視の作品で、
そんなに高い難易度が求められるのかという問題もありますしね。
ゲームシステムのせいでテンポが悪くなり、
せっかくの内容の持つ魅力が損なわれてしまったことは、
非常にもったいないことだと思います。
元々そんなに評判の良かったシステムでもないと思いますし、
そのシステムをマイナーチェンジする必要もないと思うわけでして。
次回は、もう少し抜本的に変えて欲しいですね。

<総合>


本作はミドルプライス相当の作品であり、
それを前提にすればCG枚数とかも十分と言えるでしょう。

総合では良作としておきますが、
これは私がおにぎりくんのキャラに対し、
ある種の深い思い入れがあり、
その念願がようやく叶ったということも加味しての点になります。

その点を除けば、佳作としていたかもしれません。
今回は人妻でなくママものであり、
本来なら新鮮に感じられるはずなのに、
マイナーチェンジされたゲームシステムのせいで、
全体の新鮮味までもなくなって感じられたのは、
大きなマイナスでしたからね。

まぁ、本作を楽しめるか否かは、
良くも悪くも汐梨を好きになれるかにかかってくるので、
体験版で抱いた印象が作品全体の評価にも直結しやすいのかなと。
その意味でも、購入を悩んでいる人は、
まず体験版をプレイしてみた方が良いと思いますね。

ランク:B-(良作)



DL版


関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3193-e9296d36
| ホームへ戻る |