『粘獄のリーゼ』

『粘獄のリーゼ』

『粘獄のリーゼ』は2016年にWIN用として、
ミルフィーユから発売されました。

タイトルからも何となく想像できるかもしれないけれど、
粘液と触手に特化した作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
『教会』の命を受け神の敵たる悪魔を狩る聖女たち『イバラの姉妹』。
不名誉なる呼び名を戴きながらも、彼女たちはその純潔なる魂と
美しき肢体を懸けて人知れず悪魔たちと戦い続ける。
ある廃棄施設の調査任務を受け
辺境の街を訪れた『イバラの姉妹』のリーゼ・ヘルデブランド。
そして、そこで邂逅した退魔師の荒神光流。
そりの合わない二人は、それぞれの目的を果たすために
魔窟へと足を踏み入れるのだが……。
そこには凄腕の悪魔祓い少女たちを汚し、
しゃぶり尽くす淫らな罠が張り巡らされているのだった。

<感想>


上記のように本作は、
主人公でありヒロインであるリーゼ視点で進みます。
ストーリーも必要な分はあるのだけれど、
どっちかというと、エロを重視する人の方が楽しめるのでしょう。

そのエロなのですが、本作は粘液と触手に特化した作品です。
勝気なヒロインが陵辱されて、粘液まみれになる。
それだけでもそそるものがありますが、
触手プレイに様々な異種姦があることから、
その手の作品が好きなら高確率で楽しめる内容になっています。
しかも、ヒロインの恰好がね、
修道服とラバースーツが混ざったような服装なので、
なかなかにマニアックというか、
ツボにくると相当ハマれる破壊力も秘めています。
また、ロープライス枠にしては高めの設定の価格ではありますが、
価格相当のCGもありますので、分量的にも問題ないですしね。

賛否が分かれるとするならば、
ゲームデザイン全般となるのでしょうか。
本作はノベルゲームであり、選択肢により分岐します。
ただ、間違った選択をすると主人公が陵辱されて、
そのまま即バッドエンドというものが多くありました。
私は特に気になりませんが、
即バッド行きの作品は昔の作品の方が多いこともあり、
この形式というだけで古臭く感じる人もいるかもしれません。

それに加えて、本作はワイド画面ではなく、
通常の画面サイズになります。
また、立ち絵ではなく、
フェイスウインドウのみで進行する場面も多々ありました。
これらも、今よりも昔の方が多かった要素です。
そうなると、仮に個々の要素自体は気にならないとしても、
ゲームをプレイしていて、ゲーム全体で考えると、
どことなく昔の作品の様な、古臭い印象を受けてしまいかねません。

もちろん、この形式が全く気にならない人や、
むしろこういう形式の方が好みという人であれば、
十分に楽しむことができます。
しかし、エロゲユーザーの中には、
わりとすぐに古臭いって表現を用いる人もいますし、
数年前の作品が楽しめないって割合も他媒体より高いですからね。
そういう人には、あまり向いていないように思います。

<総合>


総じて、2016年の作品らしくないというか、
数年前の作品のような印象を抱いてしまうわけでして。
堅実に纏められた良い作品ではあるのだけれど、
もう少し今の作品っぽさがあれば良かったかなと、
その点が少し気になりました。

とはいうものの、
修道服風のラバースーツを身にまとった勝気な女性が、
触手・粘液まみれになる。
そう聞いて魅力を感じる人なら、まず楽しめるでしょう。
そしてこれらの属性が全て好きならば、良作以上の、
かなりハマれるだけの破壊力も秘めていると思いますね。

ランク:C(佳作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3191-5fe97626
| ホームへ戻る |