『天使たちの午後 SpecialⅡ』

『天使たちの午後 SpecialⅡ』

『天使たちの午後 SpecialⅡ』は、1993年にPC98用として、
ジャストから発売されました。

2ではあるのですが、
実際にはスペシャルと名付けられた最初の作品になります。

tengogosp201.png

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

主人公は普通の高校生なのですが、
極悪人に騙し取られた金品などを持ち主に返すといった義賊を、
裏家業として営んでいます。
そんな主人公のもとに、パソ通で依頼メールが届きます。
そこで主人公は、
借金のカタに取られた「ブルーダイヤ」を深水家から取り戻すために
動くことになります。

<感想>


まず前提として、本作は「スペシャル2」とありますが、
「スペシャル1」は存在しません。
もともと『天使たちの午後 Special』として開発されていた作品が、
沙織事件の影響もあって、
『ごめんねエンジェル ~横浜物語~』として発売されたからです。

まぁ本作を繰り上げてスペシャル1にしても良さそうですが、
『ごめんねエンジェル』の後継的な作品として、
2ということにしたんですかね。
もっとも、そもそもシリーズ内の作品につながりもないので、
ナンバリングにこだわる必要があるのかは謎ですが。

さて、具体的な中身ですが、今回は義賊ということで、
あらすじだけ見ると他の天午後シリーズと異なるように見えます。
もっとも、実際にやってみると、
行った先々で女の子と関係を持っていくということで、
良くも悪くも天午後らしい作品でもあるわけでして。
そういう意味では、ファンは安心してプレイできるのだけれど、
逆にスペシャル感はなかったように思います。

相対的な観点でいうならば、
天午後は最初はインパクトがあったのですが、
良くも悪くも変わらない作りであり、
むしろ98時代に入ってからはゲーム部分が簡略化されたりして、
やり応えがなくなっていったわけでして。
他方で他社はどんどん成長しているわけですから、
内容的にはおいて行かれていった印象が強いです。

ただ、内容的にはそうなのですが、キャラデザがね、
個人的に本作はシリーズでも1・2を争うほど好きなのですよ。
そのため、主観的にはわりと好きな作品でもありました。

<総合>


キャラデザが可愛かったので、
それで個人的には満足できた作品でした。

もっとも、93年のアダルトゲーム業界においては、
実験的な作品や意欲的な作品が目立ちましたからね。
そのため、その年における相対的な印象でいうならば、
本作はあまり目立たない作品だったように思います。
だから私みたいにキャラが好みという人でなければ、
優先順位は低い作品だったように思いますね。

ランク:C(佳作)

天使たちの午後スペシャル2

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3187-b1881d9c
| ホームへ戻る |