『いもうと ~14歳の夏に~』

『いもうと ~14歳の夏に~』

『いもうと ~14歳の夏に~』は、1995年にPC98用として、
アシカソフトから発売されました。

同人作品のDCSシリーズの第4弾であり、
近親ネタを扱った作品でした。

imouto1401.png

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

主人公は大学生であり、5歳下の妹がいます。
imouto1402.png

まず最初に、主人公を男と女のどちらにするか選びます。
男であれば兄と妹との関係であり、
女であれば姉と妹ということになります。

<総論>


今回は少し説明から入った方が良いでしょうね。

PC98時代に、『いつみの中学生日記』という作品が、
同人ゲームとして発売されました。
この作品はD.C.S(ディスクコミックシリーズ)の1巻であり、
本作はD.C.Sの4巻になります。
本作は、たぶん95年の発売だったと思うのですが、
手元のメモに94と書いてあり、正確な発売年を覚えていません。
『いつみの中学生日記』が93年発売なのは間違いないので、
それから1年か2年後の作品ではあるのでしょうけどね。

尚、各作品につながりはありませんので、
この作品だけでもプレイに何ら問題はありません。
D.C.Sについての詳細は、後述します。

ところで、シリーズの最初の頃の作品は、
「SOFT HOUSE TODO」というサークル名での発売だったはずですが、
その後に「アシカソフト」と変えまして、
本作もアシカソフト名義での発売になります。
そしてその後は「ポシェット」として商業デビューし、
現在は主に同人の「みるきぃぱぁる」名義で作品を出しています。

今調べてみたところ、
みるきぃぱぁるとしては2012年頃まで作品を出していたようです。
同人商業併せて計算すると、
20年間ゲームを作り続けていたことになり、
同人時代が長いとはいえ、かなりの経験を積んでいるといえますね。

<D.C.S>


さて、本作は最初に主人公を選ぶため、
そこに選択肢が一応あるとは言えるのですが、
その後は一本道で読んでいくだけになります。

立ち絵ではなく一枚絵中心の進行ですので、
分かりやすく言えば近年の人形劇ではなく、
文字通り紙芝居といった印象のノベルゲームになります。

このシリーズの良いところは、読みやすさを意識していることです。
ここは画像を参考にしてもらった方が早いのですが、
「↑」ボタンで簡単に前のページに戻れる、
つまりバックログが付いていたんですね。
imouto1403.png

ノベルゲームの歴史は実は80年代からと古くからありますが、
バックログが標準化するのはずっと後のことです。
この時期のPC98の商業作品では、
バックログのない作品の方が圧倒的に多いわけでして。
読むだけというシンプルな作品が多いからか、
こういう部分では意外と同人の方が進んでいたように思います。

それから、画面左下の方には、ページ数もあります。
あの名場面がもう一度読みたいと思ったとき、
小説だと何ページか控えていれば、すぐに読めます。
いや、ゲームでもセーブしておけば同じだろと思う人もいるかもだけど、
それだと、他人と話を共有しにくいですからね。
何ページのあれと言えれば、話を共有することも容易です。
だから私は、とても便利な機能だと思うのですよ。
こういう機能こそ、
ネットで不特定多数人とつながりやすくなった現在において、
エロゲに必要なシステムだと思うのですが、
何で標準化されないんですかね?

以上の様な機能を有した作品ですので、
今自分がどこを読んでいるのか、
そしてそこから戻るも進むも自由ということで、
読んでいる人に凄く配慮されたシリーズであり、
UIは非常に良かったといえます。

<感想>


具体的な内容に関してですが、男性主人公と女性主人公では、
展開にほとんど違いがありません。
近親かレズか、お好みでって程度ですね。
なので、ここからは男性主人公の場合を前提に話を進めます。

主人公は19歳の大学生であり、5歳年下の妹がいます。
主人公は大学合格後、一人暮らしを始めていたのですが、
失恋したこともあり、実家に帰省します。
そこで女らしく育った妹と再会し、
妹の親友に手を出して軽く修羅場った後に、
妹と結ばれることになるという内容になります。

ストーリー中心の作品ではあるものの、
同人作品ということでボリュームも少なく、
どういう人が楽しめるのかとなると、
やっぱりエロ方面で近親モノが好きな人となるのでしょうね。
あとは、ヒロインの設定年齢以上に、
絵柄が炉利なので、そっち方面が好きな人ですね。

グラフィックに関しては、少しバランスが悪いところもありますが、
コミックを読んでいるような表示方法も取り入れ、
全体としては良かったと思います。
こういう手法も、もっと増えて良いと思うのだけれど、
なかなか増えないんですよね。
個人的にはもっと増えて欲しいのですが。

<総合>


ボリューム自体は少ないですし、
シリーズ作品をプレイ済みの人だと、
新たに得るものは少ないかもしれませんが、
このシリーズを初めてプレイした人だと、
結構見所のある作品だと思いますね。

ランク:C(佳作)

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3184-eba52c9f
| ホームへ戻る |