『とある母親の過ち ~縁篇~』

『とある母親の過ち ~縁篇~』

『とある母親の過ち ~縁篇~』は2016年にWIN用として、
らすこうから発売されました。

今回は人妻×ショタモノですね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
『最近、母親の様子がおかしい…』。
友達?の言動と母親の様子に何か違和感を感じる息子『賢人』…。
友達が始めたSNSの日記を盗み読んでみると…。

息子視点『賢人篇』から
時間を遡って開始される『アヤマチ篇』の二部構成の作品。
息子によって夜に起動される
SNS『rasbook(ラスブック)』日記参照機能の実装。
日記は写真付きでアップされます。

<感想>


らすこうの「とある」シリーズの新作で、
今回は人妻と息子の友人という、人妻×ショタモノになります。

らすこうのオリジナル作品は大好きなのですが、
今作は最初、プレイする気になれなかったのです。
理由は主に二つあります。
一つは今作における『rasbook(ラスブック)』というシステムが、
過去作の簡易バージョンということで、
進化どころか逆に退化していることです。
もう一つは、過去作は音声付きだったのに、
今作は音声がないことです。
結局はプレイしたのですが、案の定予想していた通りの印象でした。

ストーリー自体はクソガキが同級生の母親と関係を持つもので、
特に捻ったところもないけれど、
過去作同様に安定して楽しめるテキストでもあり、
十分に楽しめました。
ただ、ストーリーの分岐の幅が少なめなのと、
構成の関係上、同じシーンを繰返しみることが多いわけでして。
そのため、プレイ中における新たな刺激みたいなものが少なめであり、
ちょっとコスパが良くなかったように思います。

それから、やっぱりシステム部分が簡略化されているので、
シリーズ一作目で特にシステムに高い評価を付けた私としては、
今作はどうしても物足りなく感じてしまいます。
まぁ、これは最初から言われていたことでもありますので、
仕方ないことでもありますけどね。

それと、これまた事前に分かっていたことですが、
音声がないのは少し寂しかったです。

<総合>


普通には楽しめたけれど、
評価としてはいつもより低くならざるをえないのかなと。

シリーズ未経験者には別の作品からやってもらいたいですし、
シリーズ経験者は、何か新しさを求めるのであれば、
今回はプレイしなくても良いのかなと思います。
もちろん、ショタ×母親モノが好きというのであれば、
楽しめる確率は高まりますし、プレイして損はないですけどね。

個人的には、本作自体はプレイしなくても構わないところでもありますが、
今回はサークルに対するお布施・応援って意味も兼ねてってところですね。
というのも、同人ゲーでもRPGとかだと、
わりと更新が多くあったりします。
しかしADVって、ほとんど更新がないですからね。
同人ゲー全体では多くプレイしていても、
同人RPGはあまりプレイしない私の場合、
更新で恩恵を受ける機会が少ないのですよ。
その点、このサークルは違っていまして。
『とある人妻のネトラレ事情2』はノベルゲーですが、
既に何度かバージョンアップしていて、
新規のシナリオとかが追加されているんですよね。
つまり私も恩恵を受けることのできた、珍しい作品でもあるのです。
まぁ大型更新の時には価格も上がったみたいですが、
私は最初の時に購入していたので、
安い価格の状態でずっと楽しめているわけで、
だから『とある人妻のネトラレ事情2』の満足度は非常に高いのですよ。
それがあるから、これからも頑張って欲しいという意味合いも兼ねて、
今回も購入したというわけです。

今作の今の時点での満足度はそれほど高くないですが、
サークル自体は良心的なところですので、
今後の活躍に期待したいものですね。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3180-303d8298
| ホームへ戻る |