Floralia ~フローラリア~

Floralia ~フローラリア~

『Floralia ~フローラリア~』は2002年にWIN用として、
XUSEから発売されました。

萌えエロという言葉で有名になった作品でしたね。
ジャンル:ノベル系ADV

フローラリア

萌えゲーとか恋愛ゲーはえてしてHシーンが薄くなりがちなもので、
ストーリー重視とか言い出す人が増えるにつれ、
一方でエロなんていらんて声も出てきたわけで。

まぁ、ストーリーが面白ければエロはなくても楽しめちゃうのも確かです。
また私は普段アダルトゲームという言葉を用いているのですが、
18禁の大人向けというのは必ずしもエロとは直結しないわけで、
何かしら大人向けの要素があれば良いと思うからです。
でもエロゲーって言っちゃうとやっぱりエロがなきゃ駄目だろ思えるので、
それであまり使わないのです。
しかし、だからと言って別にエロ不要派でもないわけで、
18禁たる理由がHシーンの存在にあるのであれば、
やっぱりそのエロが濃いにこしたことはないのです。

そんなエロの薄い恋愛ゲームが主流を占める中で、
萌えられてしかもエロいという、
萌えエロの言葉で話題になったのがこのフローラリアでした。

萌えられるキャラがいて、その上にエロいわけですからね、
コンセプト的には非常に応援したくなりますし、期待もしたくなります。
ただ、これは珍しく自分にはハズレでしたね。
確かに、きちんとHシーンもあったわけで、
萌えとHとのバランスは良くなっていると思います。
しかし、個々の要素がとにかく薄く感じられて、
どうにも印象が薄くなってしまったんですよ。
そういうわけで、惹かれるものが何もなかったということで、
個人的には凡作としておきます。

もっとも、どこか致命的欠陥があるわけでもないし、
比較的丁寧に作られてはあると思います。
あまりに普通すぎたので私の基準ではほとんど点がつきませんが、
こういう王道路線が好きな人もいるでしょう。
そういう意味で恋愛物の初心者向けとしては適した作品だと思いましたし、
その観点で見れば高得点にもなりうる作品だったのかなと。
まぁ、自分には合わなかったけれど、
作品の方向性としては応援したくなる作品ってことですね。
最近はまたエロもきっちりとした萌えゲーが再評価されだしてきていて、
アダルトゲーム的にはそれは正しい姿勢のようにも思います。
本作はそれを先駆けてやろうとした作品だったのでしょうね。

ランク:D(凡作)

フローラリア

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/318-173349d6
| ホームへ戻る |