『彼と二人のスカイライン』

『彼と二人のスカイライン』

『彼と二人のスカイライン』は1989年にPC88用として、
TKO SOFTから発売されました。

当時としては非常に珍しい、
アイドルプロデュースゲームでしたね。

karesky02.png

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。
もう少し細かく書くと、移動先を選べるタイプの、
90年代までに多いタイプのノベルゲーでした。

ストーリーとしては、あちこちで女の子をスカウトし、
アイドルとして成長させていくというものになります。

<感想>


karesky01.png

アイマスやラブライブのおかげもあり、
今ではすっかり二次元のアイドル作品も定着しました。

もっとも、先日少し話題になっていましたが、
『μ's』がアイドル声優の先駆けってのは全く解せませんけどね。
個人的には、アイドル声優っていうと、
椎名へきるさんがまっ先に浮かぶかな~
ちょっと偏見かもしれないけれど、
どうも個人的にアイドル声優ってのは、
ルックスや歌も含めたトータルでの知名度は高いけれど、
声優単独としての実績は少ない人って印象があって。
だから林原さんとかのように、歌がどれだけ売れたとしても、
そもそも声優としての実績が凄い人は、
あんまりアイドル声優ってイメージにならないのですよ。

話が最初から脱線していしまいましたが、
アイドル系のゲームは決して多くはないものの、
80年代からポツポツと存在はしていまして。
私はそれほど現実のアイドルに惹かれることもないのだけれど、
なぜだか二次元のアイドル作品は昔から好きで、
漫画とかゲームとか、
目に入ったものはとりあえず手を出していたように思います。

さて、本作は、80年代後半に同人作品として発売された作品です。
アイドルを題材にした作品は本作以前にもありますから、
元祖というわけではありません。
しかし同人のPCゲーム自体、決して多くはなかったですし、
ましてやノベルゲームは更に数が減ります。
その上にアイドルを扱ったゲームですからね。
もうそうれだけで非常に希少だということが分かるでしょう。
同人を抜きにしても、アイドルもののノベルゲーというだけで、
他にはなかったのではないでしょうか。

大雑把な内容としては上記のとおりであり、
まぁ普通に楽しめる作品ではあるけれど、
だからといって特別秀でたものでもなかったのでしょう。

しかし、如何せんこの手の作品自体が非常に珍しいこともあり、
またテンポも良かったこともあって、
終始楽しく新鮮な気持ちでプレイすることができました。

<総合>


80年代はPCのADVも非常に勢いがありましたが、
実際には一般PCゲーは推理系とSF系が非常に多く、
ジャンルに偏りがあったのも事実でした。
だからもし上記人気ジャンル以外の作品を求めるならば、
アダルトゲームや同人を探した方が良かったと言えるでしょう。

本作は、そのなかの1本として、
十分に個性を発揮できた作品だったと思いますね。

ランク:B-(良作)


関連するタグ PC88 /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

こんばんわ。
へきるはアーティストです!(すっとぼけ)

こんばんわ
本人は声優業を黒歴史扱いにしたかったかもだけど、はたからみれば宣言後の活動の方が黒歴史だよなという・・・
好きだったんですけどね。ドリカンに出てた時は、毎週聴いてましたし。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3177-768d9aed
| ホームへ戻る |