『姫りんごレポート』

『姫りんごレポート』

『姫りんごレポート』は1991年にPC88用として、
エレインソフトから発売されました。

メインヒロインよりサブヒロインの方が可愛いと思ったの、
私だけですかね。

himerin01.png

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

主人公は10歳以上年下しか愛せない炉利コン野郎で、
念願の女子校の教師になったところから始まります。
目的としては、教え子である久美子を、
ゲットできるかという感じでした。

<同人ノベルゲーム>


前にもどこかで書いたことでもあるのですが、
昔からここを訪れる人ばかりでもないでしょうから、
繰返し書いておきますと、
ゲームへの認識からその人の遍歴って分かるものでして。
例えば、どれだけ古い作品を扱っていても、
ノベルゲームがサウンドノベルから始まったと書いている人は、
少なくとも80年代のPCゲームは知らず、
ファミコンやSFCから後にPCゲーに入った人なのでしょう。
PCゲーには80年代からノベルゲームは幾つもありましたから。

それと同じことで、
90年から92年頃がノベルゲーが一番少なかったみたいに、
たぶん私はどこかで書いたことがあると思います。
それを読んで、分かる人は、
この人は同人は詳しくないのかなと思ったはずです。
実際、これもどこかで書いていますが、
私はあまりPC88やPC98時代の同人は詳しくありません。
だからどうしても意識から外れやすく、
この頃はノベルゲームが少なかったという印象になりやすいのです。

しかしながら、PC88時代の同人に詳しい人ならば、
また違った見え方になっているはずなのです。
つまり、90年から92年頃も、
ノベルゲームは幾つもあったよってことですね。
どういうことかというと、この時期の商業ノベルは非常に少ないですが、
同人ではノベルゲーが結構存在しており、
私が後に調べた中での印象としては、91年が盛んだったのかなと。

本作も、91年の発売だったと思いますので、
そうしたこの時期の同人ノベルゲームの中の1本になるわけです。
まぁエレインソフトは80年代の方が勢いがあったので、
この時期のノベルゲーとしては、
別の作品の方が紹介に適しているのでしょうが、
仕方ないですね。

<感想>


本作はノベルゲームであり、具体的にはテキストを読み進めつつ、
ときどき画面下部に2択が登場します。
選択肢を誤ると、すぐにゲームオーバーになるケースも多いですが、
しばらく進んだ後に詰むケースもありました。
そういう意味では、わりと凝っていたんですかね。

内容は、80年代の天午後みたいな感じです。
主人公は炉利な変態ですが、イケメン設定でもありますので、
実はもてますw
いろんな女性からの誘惑があり、
それに乗ると、その女性とはHできるものの、
ゲームオーバーになってしまいます。
だから様々な誘惑を断りつつ、
本命の久美子ちゃんにアタックすることになります。

・・・書いてて思った。
誤解を覚悟で書くならば、
『キャプテン・ラヴ』のエロ版みたいなものか。
まぁ、『キャプテン・ラヴ』みたいなゲーム性とか、
面白さとかはないですけどね。
魅力的な他の女性からの誘惑を拒みつつ、
あまり魅力を感じないメインヒロインを目的とする点で、
両者が似ているってことですね。

<総合>


同サークルの過去作よりも物足りなかったですし、
総合としては凡作ってところでしょうか。

ぶっちゃけ、作品としてはあまり面白くはないんですよね。
ただ、この時期に同人ノベルゲーが存在していたことの証明になりますし、
あとは『キャプテン・ラヴ』的な感じといいますか。
少し小難しく書くならば、
魅力的なサブヒロインを振りつつ、
魅力を感じないメインヒロインを目指すことの意義について、
そうした論点をいち早く出した作品でもあり、
そう考えるとなかなか興味深い作品と言えるかもしれませんね。

ランク:D(凡作)

関連するタグ PC88 /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3175-9440f26a
| ホームへ戻る |