『Ms.DETECTIVE ファイル#1 石見銀山殺人事件』

『Ms.DETECTIVE ファイル#1 石見銀山殺人事件』

『Ms.DETECTIVE ファイル#1 石見銀山殺人事件』は、
1992年にFM-TOWNS用として、データウエストから発売されました。

データウエストといえばDAPSですが、
そのDAPSを実写に用いたのが本作でした。

iwami01.png

<概要>


ゲームジャンルはポイント&クリック式ADV、
或いはインタラクティブムービーになります。

探偵である主人公の樋渡千里は、
依頼者から失踪した父親の捜索依頼を受けます。
依頼者への手紙から父親が、
島根県大森にある石見銀山にいることを知り、
現地へと向かうものの、会うことはできなかった。
そこへ舞い込んできたのは、父親の死と依頼者の失踪の報。
日本海に浮かんだ死体は本当に依頼者の父親なのか、
また依頼者はどこに消えたのか。
主人公は真実を求め動き出す・・・
という感じの作品になります。

<総論>


今では動画と音声をPCで見ることは、
ごくごく当たり前のこととなりました。
でも、昔から当たり前というわけではなかったのです。
動画と音声を同期させるだけでも大変で、
ムービーあり音声ありのゲームがあったとしても、
上手くシンクロさせることができなかったり、
滑らかに表示させることができなかったんですよね。
それを可能にした最初のPCゲーがデータウエストの作品であり、
それを可能にしたシステムがDAPSだったのです。

DAPSを用いたADVとして一番有名なのとなると、
おそらくサイキックディテクティブシリーズが該当するのでしょう。
そのサイキックディテクティブシリーズは二次元の絵であり、
DAPSにより滑らかなアニメーションを実現していました。

そしてそのDAPSを実写に用いた最初の作品が、
本作ということになるわけですね。

<感想>


まずは、TVドラマを見ているようなゲームを体験できるということで、
それだけでも衝撃的な作品と言えるのでしょう。

まぁ画面とか小さかったので、
個人的には物足りなくもあったんですよね。
だから実写ゲーの初期の作品には私は割と辛めで、
高く評価する作品が出てくるのはもう少し後になるわけですが、
もちろんそれが気にならなかった人もいるでしょうし、
そうであるならば本当に衝撃的な作品だったかと思います。

それと、本作の舞台は石見銀山であり、
実際に現地に行ってロケをしてきたとのこと。
こういうのは貴重ですよね。
プレイ当時は観光気分で楽しむことができますし、
特に何年も経った今では、
その当時の景色を堪能できる貴重な資料にもなりますから。

さて、実写が動くというだけでも意義のある本作ですが、
ADVとしては少々問題もありまして。
この手の作品でよくある問題でもあるのですけれど、
行動により同じ動画を何度も見せられると、
どうしてもテンポが悪くなりだるくなってしまいます。
画面が小さいこともあり、ちょっとずつストレスが溜まり、
プレイ意欲が次第に削がれていってしまうのです。
まぁ、新しいジャンルだけに仕方ないのでしょうが、
まだまだ未成熟だったということなのでしょうね。

<総合>


新時代のADVとしてのワクワク感と、
実際にプレイしたときのジャンルとしての未成熟さ。
その天秤に対してどう判断するかで、
本作に対する印象も変わるのでしょう。

ゲームとしての完成度は高くないけれど、
新しい可能性を夢見させてくれたという点では、
とても意義のある作品だったように思いますね。

ランク:B(良作)


関連するタグ ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1992」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3174-3874c4ae
| ホームへ戻る |