『キングスクエスト5』

『キングスクエスト5』

『キングスクエスト5』は1991年にFM-TOWNS用として、
シエラオンラインジャパンから発売されました。

シエラ社の代表作である、
キングスクエストシリーズの5作目になります。

KQ501.png

<概要>


ゲームジャンルはポイント&クリック式ADVになります。

主人公であるグラハム公が城に帰ろうとすると、
その城が、中にいる家族ごと消失してしてしまいます。
その時の様子を見ていたフクロウのセドリックによると、
これは魔法使いのモーダックによる仕業とのこと。
そこでグラハムは、家族を取り戻すために、
モーダックを追うことになります。

<総論>


例えば、PS時代までのRPGにおいては、
ドラクエを擁するエニックスと、
FFを擁するスクウェアが二大巨頭という感じでしたよね。
海外のADVにおいて当てはめてみると、
モンキーアイランドシリーズなどのルーカスアーツ社と、
このシエラ社が特に有名だと言えるように思います。

そのシエラ社なのですが、代表作はいろいろありまして。
個人的にはガブリエルナイトシリーズが一番好きなのですが、
そのGKシリーズは90年代の代表作であり、
同社の初期の代表作となると、やっぱり80年代から存在する、
キングスクエストシリーズが挙げられるのでしょう。

初代キングスクエストの最たる特徴、それは世界で初めて、
プレイヤーキャラを表示させたADVであることにあります。
例えばRPGでキャラがフィールド上を歩きますが、
それと同じで画面上にプレイヤーキャラが表示され、
行動するのです。

正直なところ、だからどうしたという気もしなくもないですが、
日本のADVでは主人公が表示されない、
1人称視点のADVが主流であるのに対し、
欧米のADVでは主人公の姿が表示される、
3人称視点のADVが主流でして。
その点で日本と欧米では、ADVでも大きく異なるわけです。
その違いはどこで生まれたのかを突き詰めると、
初代キングスクエストの存在の有無に辿り着くわけで、
海外のADVに与えた影響という観点からは、
初代KQは非常に大きな意義のある作品だったと言えるのでしょう。

本作はそのシリーズの5作目であり、
国内ではFM-TOWNS版とPC98版が発売されました。

<感想>


まぁこういう作品が移植されるか否かは、
作品の出来ではなく、それ以外の部分に左右されることも多いです。
本作も移植されたということ自体は喜ばしいことなのですが、
KQシリーズで世界的に評判が良いのは6なんですよね。
日本では5と7は移植されたものの、
その間である肝心の6は日本語移植されていません。
できれば、6も移植して欲しかったものです。

さて、本作にはFM-TOWNS版とPC98版とがあり、
画像はPC98版なのですが、
できればTOWNS版でプレイした方が良いのでしょう。
というのも、当時の他機種では精々256色までだったのですが、
TOWNSは既に32万色を実現していましたし、
本作も非常にグラフィックが綺麗だったのです。
また、TOWNS版には音声が付いており、
画面にテキストが表示されない代わりに、
音声を聞くことができます。
他方でPC98版は、音声の代わりにテキストが表示され、
そこはまだ良いとしても、グラフィックが16色なんですよね。
元から16色で作られた作品ならば、
16色でも非常に綺麗な作品もあるのですが、
本作はそうではないですからね。
PC98版だと、どうしてもグラフィックがぐちゃっとしてしまい、
見辛くなってしまうのです。
だから本作を十分に堪能したいのであれば、
TOWNS版が良いのです。

<総合>


内容自体はいかにも当時の海外製ADVといった感じですね。
手堅くまとまった作品で、私の評価するタイプとは異なるものの、
難易度の高い作品をやりたいならば、
十分オススメできる作品だと思いますね。

ランク:B(良作)

関連するタグ WIN /ADV /P&C式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1991」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3171-ca7411da
| ホームへ戻る |