いたいけな彼女

いたいけな彼女

『いたいけな彼女』は2003年にWIN用として、
ZEROから発売されました。

ZEROの代表作と呼べる作品でしたね。
ジャンル:ノベル系ADV

いたいけな彼女

私が好きなジャンルの1つに、
同じヒロインであっても、
選択次第で恋愛ルートも陵辱されるルートも両方楽しめ、
かつその恋愛と陵辱のギャップを楽しめるというものがあります。
こういうのこそがアダルトなノベルゲームだと思うのですが、
属性ごとに分離が望まれる今日にあっては、
次第にその数も減っているように思われます。

いたいけな彼女はそうしたノベル系ADVの中の1本で、
純愛ルートと陵辱ルートがあります。
そして見て分かるように、キャラがいかにもな萌えキャラなんですよね。
こういう恋愛と陵辱の両方を満たすゲームにあって、
一般受けしそうな萌えキャラのいるゲームも意外と珍しいわけでして。
この可愛いキャラと恋愛を楽しめたり、
或いは反対に酷い目にあわせられるのかと思うと、
それだけで興奮してくるっていうものです。

内容的にもそつなくこなしていますし、普通には楽しめるとは思います。
ただ、価格からすれば仕方ないのかもしれませんが、
ボリュームはやっぱり少なめです。
それに伴って、描写がちょっと物足りないわけでして。
この手のゲームが好きな人もそれなりにいるかと思いますが、
好きだからある程度は楽しめるものの、
好きだからこそ逆に少々物足りなく見えるのかもしれません。

このゲームはむしろ、
萌えゲーオンリーだった人が陵辱物や、
こういう両方を楽しむ系統のゲームに手を出してみるといった感じで、
そういう入門的な位置付けで考えた方が良いかもしれませんね。
最初はあまりどぎつくない方が良いですからね。
キャラは可愛いので比較的とっつきやすいと思いますし、
嫌われるような癖の強さもありませんので、
入門用という観点からは良くできた作品だと思います。

それと、ユーザーの中には、
いろんなブランドのゲームをやってみたいって人もいるでしょう。
本作はZEROというブランドが作ったのですが、
基本的にあまり出来の良くないゲームが多いわけでして。
そのZEROの中にあって数少ない楽しめる作品が本作なのです。
間違いなくZEROの代表作と言えるかと思いますので、
このブランドに興味を持ったのなら、まずこれからって思います。

トータルでは内容面の物足りなさはあったものの、
価格やキャラの可愛さも考慮すると、
佳作ってところなのではないでしょうか。
濃さを求める個人的な評価としては佳作となってしまうのですが、
入門用としては優秀な良作って感じの作品だと思いますね。

ランク:C(佳作)

いたいけな彼女

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/317-62036b1f
| ホームへ戻る |