『英雄伝説サーガ』

『英雄伝説サーガ』

『英雄伝説サーガ』は1984年にPC88用として、
マイクロキャビンから発売されました。

とにかく油絵のようなグラフィックが衝撃的で、
印象深い作品でしたね。

eidensaga01.png

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

現在はプロジェクトEGGからも購入が可能になっており、
そちらの商品説明を転載します。
「1984年にマイクロキャビンから発売された
北欧神話をモチーフにしたコマンド選択型のアドベンチャーゲーム。
美しい取り込み画像やグラフィックを
スライドしながら表示させることで得られた
擬似的なアニメーション効果や
独特の問いかけるようなナレーションが当時の話題を呼びました。
ドラゴンの怒りをしずめるため、生贄となった少女リンダ。
助けを乞う妹の願いを聞き入れ、
あなたは遥か北にある生贄の祭壇へと向かう。
ドラゴンを倒せるのは、この世にただひとつ、聖なる剣のみ…。

<感想>


古い作品ですが、今はプロジェクトEGGで遊べますので、
便利な時代になりましたね。

さて、この作品、ストーリーやゲーム性に関しては、
当時から並かそれ以下の作品と思うわけでして。
なので、当然ながら今プレイして面白いという作品でもないのでしょう。
そういう観点からしか考えない人は、
今後もプレイする必要のない作品だと思います。

eidensaga02.png

ただ、ただね。
当時のゲームを知る人ならば、間違いなく衝撃を受けるはずです。
また当時のゲームを直接知らない人でも、
この頃の他の作品のグラフィックがどういうものであるかは、
このサイトを訪れてくれている人ならば想像がつくかと思います。
そしてその他社の作品と比較した場合、
如何に本作のグラフィックが異質で、
インパクトがあったのかも、容易に想像がつくことでしょう。

油絵のようなタッチの原画のインパクトだけでなく、
それを疑似アニメのように動かしてくるわけですから、
それだけで満足できてしまいます。

それから、本作はコマンド選択式のADVになります。
「いわゆるコマンド選択式の元祖」として、
世間一般に知られる『オホーツクに消ゆ』と同じ年の発売であり、
コマンド選択式が非常に珍しく最先端のシステムだった時の作品なので、
その意味での新鮮さもありました。

<総合>


まぁ、ゲームの根幹たるストーリーが普通なので、
人によっては良作以下も十分ありうる作品ではあると思います。

しかし、ゲームシステムは新鮮な印象を受ける作品でしたし、
何よりグラフィック及び演出の圧倒的インパクトがありますからね。
それらの点を考慮すると、一応名作で良いのかなと思います。

こういう雰囲気の作品ばかりという状態は望みませんが、
それでもたまにはこういう作品があっても良いように思いますね。

ランク:A-(名作)



関連するタグ PC88 /コマンド選択式 /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1984」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3164-22be00bf
| ホームへ戻る |