2017年1月の期待の新作

2017年1月の期待の新作

2017年1月の期待作品について。

例年1月は、面白そうな同人作品の月という感じですが、
今年は商業フルプライス作品でも2本気になるのがありますね。

<月影のシミュラクル-解放の羽->


『月影のシミュラクル-解放の羽-』

概要・・・約束を果たす純愛ADV
館を舞台にしたホラー・サスペンス。
事件が起こりそこから追い詰められていく恐怖。
怖いけど先に進めたくなるような伝奇ストーリー。
ヒロインとの恋愛=物語のルートとするのではなく、
これまでの黄昏のシンセミア等で導入して好評だった
主人公の運命としてのフローチャートを起用し、
ストーリーが分岐していく。

あらすじ・・・――その館には、生きた人形が棲んでいる。
地方に住む卯月誠一の元に届いた招待状。
そこに記されていたのは懐かしい従妹の名前だった。
幼い頃に住んでいた土地・伊沢街。
避暑地としての賑わいを見せるそこには森の奥に大きな屋敷が建っている。
からくり師を祖として代々受け継いできた如月の一族。
数年に一度行われる謎めいた儀式に出席を請う物だった。
久しぶりの再会に胸を躍らせながら誠一は帰郷を決意する。
訪れた先で彼を待つのは謎めいた大きな屋敷と
幼い頃に共に過ごした少女達。
そして…謎めいた「生き人形」の伝説。
これは蜘蛛の糸にとらわれた蝶が、再び羽ばたくための物語。

・・・オダワラハコネさんと桐月さんのコンビによる新作。
ちょっと地味な作品が続き、以前ほどの期待はないものの、
それでもシンセミアの再来を期待したいところです。

AMAZON


駿河屋
月影のシミュラクル


<緋のない所に烟は立たない -緋修離と一蓮托生の女たち->


『緋のない所に烟は立たない -緋修離と一蓮托生の女たち-』

概要・・・新ビジュアル奇譚ADV
現代を舞台に妖怪譚/退魔モノ。
時代劇的な定番を重んじる活劇要素を踏まえた、
オシャレな現代時代劇───。

あらすじ・・・時代は現代、ところはT県奥志麻市。
開店休業中の緋EPC(奇々回避コンサルタント)の所長、
緋修離(あけのしゅり)のもう一つの顔は『かたり屋』である。
様々な危機や奇禍を『かたり』で避けさせ、
舌先三寸の説法紛いから困難な事態の解決に到るまでを請け負って、
言葉と語りで人に道を指し示す。
緋に仕事を持ち込んでくるのは、
恩師の娘で半人前の探偵もどき、万条女桐子。
しかしながら、今回の依頼人は、とあるキッカケで拾った女、高賀津希。
奥志麻に君臨する高賀家、その先代当主の孫娘だ。
津希は、骨肉相はむ跡目争いの渦中にいた。
強欲どもの醜悪な有様に肩を竦める緋に、津希は依頼する。
「どうか、祖父を捜して欲しい」
死者を捜せとは、一体何を意味しているのか――――

・・・暁WORKSの日野亘さんの作品で、
こちらも以前よりは期待度が下がっているのだけれど、
それでもまだ期待したくなりますね。

AMAZON


駿河屋
緋のない所に烟は立たない

関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「予約・新作・ダウンロード」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3158-b91dd023
| ホームへ戻る |