『や・く・そ・く』

『や・く・そ・く』

『や・く・そ・く』は1997年にPC98用として、
メイビーソフトから発売されました。

影崎夕那さんの絵が可愛く、
またその見せ方にも特徴のある作品でしたね。

yakusoku02.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
主人公・狭山悠一は、不幸が取り柄(?)の大学生。
幼少の折り、海難事故で両親を亡くした上に、
記憶を失ってしまっている。
しかし、彼の生活は、
ミズキと名乗る女のコの登場によって一変する。
さらに、彼の周囲には、後輩である遊美、
お姉さん的な存在の秋穂といった女性がおり、彼女たちは、
主人公との「過去のやくそく」を果たしに迫ってくる。
その「やくそく」とは…?

<感想>


まずゲームジャンルについてですが、ノベルゲームになります。
もはや選択肢ですらないような一択が続き、
それに場所移動が加わりますので、若干変則的ですけどね。
まぁ今のユーザーだと少し変わった印象を受けるかもしれませんが、
一択の選択肢も場所移動の選択も、
この頃のノベルゲーでは時々見かけましたので、
当時のユーザーなら違和感も抱かなかったでしょう。

本作は萌え+エロといいますか、
つまりはエロの濃い恋愛ものになります。
今風にいえば、イチャラブゲーともなるでしょうか。
恋愛ゲーは当時すでに多数発売されていましたし、
それらと比べてストーリーが良いわけでもないのですが、
本作ほど射精描写の濃い恋愛作品は珍しく、
その点で特色を有していたように思います。

<グラフィック>


本作の原画は、影崎夕那さんになります。
当時人気だったこともありますが、
個人的にこの頃の影崎さんの絵は大好きで、
出た作品には見境なく手を出していたように思います。

そんな感じだったので、キャラももちろん満足なのだけれど、
それ以外の観点からも特徴を有した作品でもありました。

本作は夢魔のミズキが来るところから始まり、
主人公と共に外に出るのですが、
一緒に行動しているということで、
脇に並んで振り返るような感じの立ち絵になっています。
この場合は、キャラの立ち絵もアップ気味で、
近くにいることが伝わってきます。

違う場面では、アップの立ち絵と引いた立ち絵が重なり、
画面を通じて奥行きを感じられるというか、
全体的に平面の画像内において、
遠近感を出すことを意識した作りになっているように感じました。
yakusoku01.jpg

エロゲの立ち絵は、本作から20年近く経った今でも、
キャラが横並びにずら~っと並べられているだけで、
キャラの位置関係が考慮されていないものも多いです。
それを考えると本作は、
地味なところが良く出来ていたように思いますし、
その点で非常に印象深い作品でした。

また、キャラの表情も良く変わりますし、
その点でも満足度が高い作品でした。

<総合>


これ、テキストやストーリーにしか興味のない人だと、
おそらく楽しめないでしょう。
良くて凡作、或いはそれ以下みたいな。

しかし影崎夕那さんの絵で、表情変化も豊かで、
画面内の遠近も意識した構図など、
グラフィックに関しては見所の多い作品でもあり、
画面を見ていて楽しいのですよ。
そういう意味では、なるほど~と思いながら、
予想外に楽しめた作品でしたし、
今プレイしても得るものがある作品だと思います。

総合では当初は佳作と考えていましたが、
一応ギリギリの良作としておきます。
私の場合は絵の使い方に感心した作品でしたが、
メイビーの作風が好きならば、さらに楽しめる作品だと思いますね。

ランク:B-(良作)

や・く・そ・く


関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3157-2a8e788a
| ホームへ戻る |