<漫画> 政宗くんのリベンジ (原作:竹岡葉月、漫画:Tiv)

<漫画> 政宗くんのリベンジ (原作:竹岡葉月、漫画:Tiv)

政宗くんのリベンジ (原作:竹岡葉月、漫画:Tiv)

2017年1月からアニメ化されるとのことで、
その前にと思って読んでみました。



<あらすじ>


8年前、苛められっ子だった真壁政宗は
自分に「豚足」というあだ名を付けて振った安達垣愛姫に復讐すべく
激痩せしイケメンへと生まれ変わって故郷へと帰ってくる。
苗字を変え、全くの別人になった政宗は、
愛姫を惚れさせたうえで「最高の形で捨てる」という
「デッド・オア・ラブ作戦」を決行する。

<感想>


竹岡葉月さんって、今は漫画の原作もしているんだ~というのが、
本作を知った時の最初の印象だったりします。

最近はコバルト文庫を読まなくなったのですが、
一時期は結構コバルト文庫も読んでいたんですよね。
今野緒雪さんとか、須賀しのぶさんとか、樹川さとみさんとか。
その頃に読んでいた中に、竹岡葉月さんのもあったもので。
作品としては、「東方ウィッチクラフト」シリーズとかですね。
なので、懐かしいというか、久しぶりという印象が強くって。

さて、本作は、あらすじだけを見ると、
先日完結し、私がハマっていた某少女漫画に似ているなという印象。
1巻だけだと少し判断に悩むところだけれど、
2巻以降は良い感じになってきて面白くなります。

あらすじにある主人公の目的は別として、読み始めると、
主人公の周りには美少女が何人も集まってきます。
そのため最初はハーレムものかとも思ったのですが、
一応水着シーンもあるけれど、
基本的に露骨なサービスシーンとかは少ないですし、
露出度の低い作品でもありますので、
よくある少年漫画のハーレムものとも少し異なる印象ですね。

主人公に目的がある点や、
普通のハーレムものと異なる雰囲気から、
途中までは面白く読めました。
ただ、今のところ7巻まで出ているのだけれど、
直近の巻は少し微妙かも。
不快な材料でしかない兼次ネタを無駄に引っ張っていますし、
あと、先日完結したジャンプのあれじゃないけど、
記憶の食い違いネタは限度を超えると興醒めするおそれがあるので、
その辺の処理を上手くできるかは懸念材料ですね。
途中までは、これ面白いと思って読んでいましたが、
現在のような調子が続くようなら、途中でやめるでしょうし。

まぁ、6巻とか7巻まではアニメではいかないだろうし、
1話の掴みさえ何とかすれば、アニメは面白くなりそうなので、
1月からのアニメも楽しみにしています。

お気に入り度・・・3.5/5(但し、最新刊は2)



政宗くんのリベンジ 1~7巻セット



関連するタグ 


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「漫画・ラノベ(刊行中)」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3154-27c3e32a
| ホームへ戻る |