花と蛇

花と蛇

『花と蛇』は2005年にWIN用として、
elf(エルフ)から発売されました。

発表されたときには非常に驚かされたものです。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

花と蛇

さて、御存知の方も多いかと思いますが、
『花と蛇』は官能小説の大御所である団鬼六さんの代表作で、
それをエルフがゲーム化したわけです。

アダルトゲームとなると、
どうしてもストーリーとエロが大事になってくるわけですが、
発売前からその点が保障されたようなものですからね、
これは非常に大きいです。
実際のゲームも十分満足できましたし、とても良かったと思います。
好みの問題もあるでしょうが、
縄を用いたSMや羞恥プレイが好みであれば、
きっと満足できるのではないでしょうか。

本当は原作との比較が出来れば良いのでしょうが、
残念ながら私は未読でして。
一時期官能小説にも挑戦してみようとはしたのですが、
やっぱり絵がないと自分には駄目なんですよね。
それで挫折してしまったんです。

その官能小説の世界をゲームを通じて体験できましたので、
個人的にはそれだけでも有意義だったかと思います。
官能小説は気になるけど字だけってのはなぁ~って人は、
他にもいると思うんですよね。
そういう人にはもってこいの作品と呼べるでしょう。

グラフィックも非常に高レベルでしたし、
ゲーム化されて本当に良かったなと思います。
キャラ絵は今の流行とは異なるかもしれませんが、
『花と蛇』に幾ら可愛くても萌え絵なんか用意されたら興ざめしてしまいます。
作品の雰囲気を損なわせないという視点からは、
この絵で良かったと思いますね。

出来の保障されたストーリーに、素晴らしい絵と音声がつく。
原作付きという部分をどう評価するかという問題はありますが、
内容的にはこれだけで十分名作になりえます。
いや、むしろそれだけで十分だったんですけどね…

『花と蛇』に問題があるとすれば、間違いなくゲーム部分にあるでしょう。
基本は選択肢を選ぶノベルタイプのADVなのですが、
移動は3Dマップ内で直接移動させることになるいます。
これが、とてもだるかったです。
それでもゲーム性に活かされていれば話は別なのですが、
ゲームの攻略に必要なものでもありませんし、
あえてこの形式にする必要はなかったんですよね。
「館」そのものを感じさせるという演出的側面があるのかもしれませんが、
もう少し何とかなったはずです。
昔のエルフはそこら辺の配慮が出来ていただけに、
つくづく勿体無く思いました。

他にも調教パートに脈絡のないミニゲームが導入されていたり、
ゲーム性を加えようとしてことごとく失敗した感じなんですよ。
これだったら普通にノベルにしとけよとも思うわけで、
元が良いだけに勿体無かったです。

そういうわけで、
ストーリーや絵の良さとゲーム性や操作性の悪さを相殺して、
総合では良作ってところでしょうか。
昔は日本一ADV作りの上手かったブランドだけに、
そのゲーム性が足かせになるとは、何とも皮肉な話でもありますよね。
こういうのはエルフのそして蛭田さんの全盛時にやれよと思うわけで、
それであればきっと素晴らしい名作にもなっていたでしょうにね。
何度も繰り返すようですが、本当に勿体無い作品でした。

ランク:B(良作)

花と蛇

関連するタグ WIN /ADV /移動式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/315-14077986
| ホームへ戻る |