『初代露出系魔法少女 ルナリィ☆リリィ』

『初代露出系魔法少女 ルナリィ☆リリィ』

『初代露出系魔法少女 ルナリィ☆リリィ』は、
2016年にWIN用として、4Hから発売されました。

2014年に発売された、
『露出系魔法少女 ラブリィ☆リリィ』の前日譚になります。

初代露出系魔法少女 ルナリィ☆リリィ dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
主人公、七宮瑠奈は元天才子役の美しい女の子。
とある事情から人間不信のような状態に陥り、
現在は子役時代の資産を元に、悠々自適の引きこもり生活を送っていた。
そんな彼女だったが、ある日からシャビィという
不思議生物に付きまとわれることに!
シャビィは瑠奈を魔法乙女になるよう説得するが、
当の瑠奈は聞く耳持たず…
そんな中、瑠奈はリビドーという魔物に襲われてしまう!
迎えた貞操の危機!瑠奈は自分の身を守るため、
一回だけのつもりでシャビィと契約し魔法乙女になることに。
しかし戦闘の最中、その姿をマスコミにすっぱ抜かれ、
挙句に変身が解けるシーンまで生中継で写されてしまい、
ド派手に正体バレ!
魔法乙女の正体は全国民の知るところになってしまう!!
変身シーンを繰り返しテレビで流され、自宅にはマスコミが殺到!
絶望にくれる瑠奈だったが、
シャビィ曰くこの状態を解決する方法が一つだけあると言う。
それは大量のSエナジーを集めて、民衆から魔法乙女の正体についての
記録と記憶を消し去るというものだった!
そのためには街にはびこる全てのリビドーを倒す必要があり…!?
一癖も二癖もあるリビドー達との戦い!
それを見守る軽薄な民衆とマスコミ達!
果たして瑠奈は敵に打ち勝ち、
平穏な日々を取り戻すことができるのか!?

<感想>


『露出系魔法少女 ラブリィ☆リリィ』の前日譚ということで、
基本的な楽しさは前作と同様ですね。
魔法少女の露出モノであり、
露出羞恥に特化したサークルの作品ですので、
魔法少女及び露出が好きで絵も好きならば、
まず楽しめるでしょう。

尚、前作は普通のノベルゲームでしたが、
近作では戦闘と簡単な育成要素が加わっています。
そのため、ジャンルとしてはADV+RPGとなります。

戦闘部分は意外とやり応えがあるので、
RPG要素の付加を即ゲーム性の向上と捉えるのならば、
更に楽しめる確率は高まるでしょう。
逆に、システム的に目新しいことをしているわけでもないので、
作業と感じてしまう場合だと、
少し面倒に感じてしまうかもしれません。

因みに私は、ゲーム要素を加えようとした点は良いと思ったものの、
そのゲーム部分は特に面白いわけでもないことから、
プラスにもマイナスにもならないといった印象でした。

ストーリーに関しては、今作は前作の面白さを踏襲しつつ、
前作で不満を抱かれそうなところを改善した感じですね。
ゲーム性の部分も含めると、
今作は完成度を増してきた作品といえるのでしょう。
逆に、本作の持つ面白さのエッセンスは前作と同様であることから、
新鮮さや意外性とかは前作より劣るといえるでしょう。

グラフィックに関しては、サークルの過去作よりも、
炉利分が高めになっています。
この辺は好みの問題にもなってくるのですが、
炉利絵は他所でもありますからね。
このサークルの、炉利ではないけれど、
まだ成長しきっていない絶妙な年頃の少女の絵が好きだっただけに、
今作は個人的には少し求めていたのは違う感じでしょうか。

<総合>


ストーリーやグラフィックなどにおいて、
前作より独自性や新鮮さがなくなったことから、
新しく得られたものが少ないということで、
個人的には佳作としておきます。

もっとも、ゲーム要素も加え、前作を改良してきた作品であり、
ゲーム全体のボリュームや完成度は上昇しているので、
今作の方が好きという人も十分理解できる作品ですし、
その場合には良作と感じることでしょう。

まぁ、シリーズものでもありますし、
まずは前作をプレイしてみるのが先でしょうね。
そして前作が楽しいと感じられ、
同系統で完成度の増した作品をやりたいと思ったのならば、
本作は間違いなく楽しめる作品だと思いますね。

ランク:C(佳作)

DL版
初代露出系魔法少女 ルナリィ☆リリィ dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3144-3c3f5f8b
| ホームへ戻る |