『少女マイノリティ -慰めの愛-』

『少女マイノリティ -慰めの愛-』

『少女マイノリティ -慰めの愛-』は2016年にWIN用として、
pure moreから発売されました。

過去作同様にグラフィックは良く、
内容も以前より良くなりましたね。


少女マイノリティ dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
「誰も知らない貴方にお願い、私をめちゃくちゃにして」
涙を浮かべ、自虐的な笑顔で彼女は言った。
父親の仕事の手伝いのため、
少し都会から離れた避暑地として有名な土地に
伊達秋人は引越してきたが、ある日の夜彼女と出会い、
突然セックスをしてしまう。
まるで自分を傷つけるような彼女のセックスに戸惑いながらも
彼は言われた通りにし、一通り終わると彼女は
「ありがとう、もう二度と会う事はないわ」と告げ消えてしまった。
どこか悲しげな彼女の表情が忘れられず、
町に出歩き探してみても彼女の姿は見つけられなかった。
春の幻かと思っていた頃、秋人はついに仕事を手伝う日がやって来る。
西洋的な屋敷の中で自分の上司だと紹介された片倉凪咲は
あの日セックスをした彼女だった。

<グラフィック>


pure moreとしては3作目になりますが、
南浜よりこさんがメインの原画になってからは、
同ブランドからは2作目になります。
そのため、ブランドらしさが出てから、
2番目の作品という印象が強いですね。

その南浜よりこさんがpure moreで最初に原画を担当した作品、
つまり『少女アクティビティ』は女の子の肢体や塗りが最高で、
初めてサンプルをみたときは凄くエロいなと、
女の子の肢体に関しては最高だなと思ったものでした。
もっとも、実際にゲームをプレイしてみると、
全体のバランスとかで少し気になったところもあったので、
グラフィック全体として最高とまでは言えなかったのですけどね。
それでも、このエロさと塗りは非常にインパクトがあり、
次も期待させるものでもありました。

さて、それをうけての本作なのですが、
結論から言ってしまうと、長所も課題も同じなのかなと。
相変わらず女の子の肢体のエロさや塗りは最高であり、
でも、バランスにやや課題が残っているという感じでしたから。
したがって、ブランド前作をプレイしている人ならば、
本作に対しても同様の感想を抱くように思います。

<感想>


このブランドは、問題はストーリーなんですよね。
『少女アクティビティ』のときは絵は及第点以上だったけれど、
ストーリーのせいで残念な出来になってしまいましたから。

その点を踏まえると、今作は進化していたのかなと。
メインヒロインはアパレルメーカーのデザイナーであり、
その設定はストーリーという観点からは、
必ずしも有効に活かされていたとは言い切れないかもしれません。
しかし、単なる学園ものとはずらしたおかげで、
ちょっとした変化によりエロゲのマンネリとは少し離れ、
読み進めようという意欲にはつながりました。
また、序盤から中盤にかけては、比較的良かったと思います。

ただ、本作はミドルプライスの作品でして。
もちろん、ミドルプライスでも十分に面白い作品は作れます。
シナリオは長ければ良いってものではないですからね。
しかし本作の場合、序盤から中盤にかけて丁寧に作ってあり、
この設定ならこれくらいの終盤が必要と思われるところ、
ミドルプライスの枠にはまってしまったことから、
終盤があっさりと終わってしまいまして。
つまり、全体の大枠がミドルプライスの規模なのに、
起承転結の起承転まではフルプライス並の作りなんですね。
だからシワ寄せが後半にきてしまって、
結の部分が尻すぼみみたいな感じになってしまったのです。

まぁライターに最後を書ききる能力がなかった可能性もありますが、
もし枠に縛られずに最初の勢いで最後まで仕上がっていたら、
少なくとも良作以上の内容になっていたと思うわけでして。
なまじ途中まで面白かっただけに、
何とも勿体ない作品だなと思ったものでした。

<総合>


総合としては良い部分も惜しい部分もあり、
佳作といったところでしょうか。

もっとも、過去作から良い部分を維持した上で、
悪かった部分が改善されてきていますし、
今回物足りなかった部分も容易に修正のきくところでもあります。
そういう意味では、次回作は良作以上の可能性も高いのではと、
次が今から期待したくなる作品でしたね。

ランク:C(佳作)





DL版
少女マイノリティ dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3141-0c2a16ce
| ホームへ戻る |