『-スガタ-』

『-スガタ-』

『-スガタ-』は、2001年にWIN用として、
May-Be SOFTから発売されました。

内容は当時のメイビー系らしい透明人間モノなのですが、
望月望さんを知った作品であり原画は良かったですね。

スガタ dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
ある日、三人の姉妹と自分が血がつながっていないことを突然知った俺は、
多大なショックを受けながらも、研究中だったNO21の薬液を完成させる。
その薬を使うと「見えなくなる」ことが出来た。
街に出た俺は、いらだちのまま薬を使用し、
スガタを消して強引に女性をこの手にした。
何度もスガタを消し、また次の日も…。
その後、俺は自宅へと帰宅し、再び三人との暮らしをはじめた。
新しい暮らしを…。

<感想>


私が今でも好きな原画家の1人に、望月望さんがいます。
その望月望さんが担当した作品で、
自分が興味を持った最初の作品って何だったかなと調べていたら、
この作品だったんですよね。
望月さんが単独で原画をやった作品としては、
確か本作は二作品目になります。
したがって、あくまでも私が良いなと思った最初の作品が、
本作ということですね。

内容としては、主人公が透明人間になって、
血のつながらない同居している三姉妹に手を出すものになります。

私は透明人間ネタは好きで、
他にもいろんな作品をプレイしています。
また望月さんのキャラは大好きで、
その点に関しては本作でも良かったですからね。
当然ながら、プレイ前は結構期待していたのを覚えています。
それなのに、現在まで記事を書いていなかった、
というか、プレイしたことをずっと忘れていたのは、
それだけストーリーの印象が弱かったということでもあるのでしょう。
まぁ、特に悪いというわけでもないのですが、
ありきたりのごく普通の透明人間モノなので、
それで印象が薄かったのです。

メイビーは、結構中の人が変わるので、
細かく考えれば幾つかの期に分けることができるのでしょう。
一時期は非常に微妙な絵の時期もあったのですが、
この時期は望月さんのおかげもあり、
グラフィックは非常に良くなりましたが、
逆にストーリーやテキストが微妙な作品が増えてしまいました。
本作もまた、そういう絵は良いけれど、
ストーリーやテキストにインパクトのない作品だったということですね。

<総合>


私にとっては、望月さんを知ったという意味で、
思い出深い作品でもあります。
まぁ、だったら今まで忘れるなよという気もしますけどねw
一応弁解させてもらうならば、プレイした作品であっても、
タイトルに記号の入る作品とかは、
私は結構感想を書くのをやめたり後回しにすることが多いです。
たぶんそれで、2001年の作品の記事を書いていたときに漏れ、
その後すっかり忘れていたのではないかなと。

内容に関しては上述のように、ありきたりの透明ものであり、
それで印象が薄かったというだけで、
特に致命的に悪い部分もなかったと思います。
したがって、キャラを見て良いなと思えなかったら、
プレイする必要のない作品かと思いますが、
キャラが良いなと思った人で、
透明人間モノが好きな人であれば、
過度に期待しなければ楽しめるのではないでしょうか。

ランク:C-(佳作)



DL版
スガタ dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3139-4ddb79d7
| ホームへ戻る |