『ヤブヌマ』

『ヤブヌマ』

『ヤブヌマ』は2009年にWIN用として、
N.R.D.WORKSから発売されました。

理屈抜きに言うならば、主観的には非常に好きなんですよね。

ヤブヌマ dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
この日、自分の中に芽生えた狂気。
あるいは藪沼でなければ、こんな妄想は生まれなかったかも知れない。
僕は咲美のことを分かっているつもりだ。彼女の性格も、好みも。
気が強く口は少し悪いが、心根は優しく、
僕と娘だけを愛し、清廉で、間違ったことは他人事にも口をはさむ性格で、
浮気なんてもってのほか。
そう、藪沼のような男は、咲美のもっとも嫌うタイプである。
だからこそ僕は……、藪沼と咲美が…………交わることを妄想した。

<感想>


ジャンルとしては、一般的な紹介には寝取られ(NTR)とあるのだけれど、
ヒロインとヒロインの大嫌いな男とが関係を持つようにするため、
旦那の方が仕向けていまして。
したがって、厳密に言うならば、寝取らせ(NTS)になるのでしょう。

本作には続編の『ヤブヌマ2』が既に発売されており、
そちらの方の記事は掲載済みです。
そして『ヤブヌマ2』に対する評価としては、
確か佳作となっていると思います。
結論を先取りしてしまうと、本作も佳作となるのでしょう。
このシリーズはストーリーなどで、
何かしら目新しいことをやっているわけでもないですし、
グラフィックが綺麗なわけでもないですからね。
独自性を重視しつつも、
主観的な好みでは高く評価しない普段の方針からは、
評価という観点からはどうしても低くなってしまいます。

しかしながら最後に表記するランクと私の好みは異なるのであり、
私は、このシリーズが主観的には大好きなのですよ。
人体のデッサンがおかしいので、Hシーンとかでは少し萎えるものの、
キャラデザ自体は好みですし、何よりテキストが上手いのでしょうね。
だからついつい最後まで読み込んでしまうし、
プレイしてから何年か経っても、あれ面白かったなと、
時々妙に思い出されるのです。
だからもし、私がシナリオだけで、かつ主観だけで評価していたならば、
本作は間違いなく良作となるし、続編の方は名作扱いだったでしょう。
他人はどう感じるか知らないけれど、
私はこの絵とシナリオに妙に惹かれてしまうのです。

余談ですが、このサークルから、しばらく新作ゲームは出ていないものの、
先日漫画が発売されました。



相変わらず女性の身体とかは上手いわけではないのですが、
ヒロインのキャラデザは好みですし、
ついつい先が気になって読んでしまうストーリーの面白さは健在でした。
ちなみにこれ、かなり売れているようですね。
上手い絵でもなく、斬新なわけでもないのに、
それでもこれだけ売れているというのは、
私と同じ様なことを考えているファンも結構いるということでしょうか。

<総合>


繰り返しになりますが、私の場合、
テキストが上手いと感じたというだけの作品は、
あまり点が伸びません。
主観や好みとは必ずしも一致していませんから。
そのため、本作の評価もあまり高いものにはなっていません。

しかし、寝取られシナリオに関しては業界トップクラスだと思うし、
NTSやNTRが好きで、シナリオを第一に考える人には、
ぜひともプレイしてもらいたいシリーズです。
オーソドックスな展開でもここまで面白くできるという、
お手本のような作品ですからね、
おそらく楽しめるはずですし。

まぁ、少なくとも私には非常に合うわけで、
理屈抜きに好きなんですよ。
ゲームとしてはヤブヌマシリーズの2本しかないのだけれど、
できればまた何か作ってもらいたいものですね。

ランク:C(佳作)

ヤブヌマ dl


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3129-b13ce2c6
| ホームへ戻る |