『冬のお伽ばなし』

『冬のお伽ばなし』

『冬のお伽ばなし』は2007年にWIN用として、
シモメマイから発売されました。

何でも、製作期間は10年であるとか。
まさに同人らしい、執念の作品ってところでしょうか。

冬のお伽ばなし

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。
もっとも、少し変則的なので後述します。

あらすじ・・・
彼の地は夢かまぼろしか
其はたそかれに属すところ迷いひしもののみおとずれん。
むかし、きずつきし男あり。
迷ひて山に入り、雪に路をうしなふ。
やみくもに歩きてみれば、こごえし鶴一羽あり。
男あはれに思ひて鶴かき抱きていればあたりにわかに晴れ、
一本杉の峠のあなたに屋敷五つ六つばかりの村、姿をあらわさん。
その村不可思議なるところなり。
村びとみなけもののかたちをし、ひとのことばを解す。
其はもののけの地なり。
男 魂魄離れし故に、村をでることあたわらず。
いざ紡がん、彼の男のものがたり。

<感想>


同人だからできたというのか、製作期間10年って凄いですね~
本作は「和風けものボーイズラブAVG」と銘打たれていること、
及びタイトルからも想像できるように、
季節は冬、世界観は和風で、
けもの耳を持ったキャラが登場するBLゲーになります。
個々の属性は決して珍しいものではないのだけれど、
この組み合わせ全体となると珍しいのではないでしょうか。

さて本作は、主人公のタツが魂魄を欠いた状態でケモノの村に迷い込み、
春までに魂魄値(魂=精神 魄=肉体)を貯めて、
現世に戻るのが目的なります。

この作品、とにかく雰囲気が良いです。
キャラデザとか部分的に見ると微妙だったりするのだけれど、
演出を含めたグラフィック全般が統一されていますし、
上記のストーリー上の属性も分離することなく、
上手く融合していますからね。
この辺の上手さが、本作の一番の特徴でもあるのでしょう。

また、シナリオも良かったです。
お伽ばなしというだけあり、日本の昔話もモチーフになっていますが、
そこも上手くエッセンスを取り入れられた感じですし。
これが最近の男性向けエロゲとかになると、
昔話の内容を露骨に取り入れるような、
工夫のないものになりかねないですからね。
全体的に女性向け作品は童話とかをネタにする作品も多いからか、
男性向けより使い方が洗練されているように思います。
まぁ、PC98時代までは男性向けでも、
童話とかをネタにしたのも少なくなく、
洗練されたものがあったんですけどね。
WIN以降になって登場頻度が減ってから、
むしろ使い方が下手になった感じで。
少し話題がそれてしまったのですが、裏ルートの存在も含めて、
どのルートも楽しめました。

ただ、いわゆるハッピーエンドで終わる類の作品ではなく、
結構切ない感じの作品ですので、
その辺で合わないって思う人は出てきてしまうでしょうね。

さらに、ボリュームもありますし、遊び応えも十分です。

<ゲームデザイン>


総じて欠点らしい欠点もないのですが、一つ気になるとすれば、
ゲームデザインになるでしょうか。

本作は簡易マップが表示され、そこから移動場所を選択し、
移動した先のキャラと会話をすることで進行します。
キャラとのフラグをたてるだけでなく、
イベントによっては魂魄値(魂=精神 魄=肉体)が増えますので、
そちらも大事になります。

魂魄値を貯めていくということで、一部育成SLG的な要素もあり、
人によってはSLGと感じる人もいるかもしれません。
もっとも私は、部分的に数値が出てきても、
ゲームの進行度を可視化させた目安の役割でしかない場合には、
ADVとして紹介しています。
そもそも80年代のADVなんかは数値を伴った物も多いので、
数値があるからSLGってならないんですよね。
だから本作も、伝統的な理解に従えば、ADVで良いのだと思います。

本作のような構造の作品は、90年代後半にはわりと見かけました。
本作が発売されたのが2007年で、製作期間10年なんだから、
まぁ何となく納得してしまいますね。
ただ、やっぱり10年は長かったよなと思うわけでして。
90年代後半であれば、主流が育成SLGからノベルへ移る過渡期でもあり、
両方のファンを楽しませるためにも、
中間的な本作のようなシステムもありだと思うのです。
しかし2007年では、その理由も失われてしまいます。
本作の構造では各イベントがブツ切れになってしまい、
ストーリーラインが弱くなってしまいます。
それでいて、本格的なSLGのような楽しみもないですしね。
最後まで読めば良い作品ではあるのだけれど、
かかる構造であるがゆえに、
序盤は少し物語内に入っていきにくかったです。

<総合>


少し気になる部分はあったのですが、
全体としては独自性も備えた良い作品だと思います。

属性的にはややマイナーなものも多いですが、
それだけに合う属性が多い人ほど楽しめる作品だと思いますね。

ランク:B-(良作)

冬のお伽ばなし

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2007」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3125-d0a4c9fe
| ホームへ戻る |