『あきらめ』

『あきらめ』

『あきらめ』は、2000年にWIN用として、
BeFから発売されました。

同ブランドのデビュー作であり、
厘さんの陵辱系作品ということで期待したのですが・・・

あきらめ

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。
まぁ、ゲームと呼べるのかも怪しいですが・・・

あらすじ・・・
受験を控えた主人公達は、繁華街などからはなれた
田舎の旅館を借り切って催される「集中講座」に参加する。
ある女性教師を奴隷として従属させている主人公は、
この集中講座期間を利用して新たなる奴隷を調教しようと考えた。
獲物の名前は「田辺美咲」。主人公の幼なじみだ。
主人公は、彼女が時折見せる姉貴面がどうにも我慢ならなかった。
美咲を自分の前にひれ伏せさせてやる。
主人公の黒い意志を抱いたまま集中講座は始まった……。

<感想>


本作はBeFのデビュー作になります。
そもそも、元々はフォレストという会社があって、
社内のレーベルとしてフォレスト名義のブランドや、
フォスターなどのブランドがあり、主にPC98時代に活躍していました。
厘京太朗さんも最初はフォスターの作品などで見かけましたが、
厘京太朗さん原画の専門チームということだったんですかね、
フォレスト内の新レーベルとしてBeFが設立され、
そのデビュー作が本作だったのです。

厘京太朗さんに関しては、これまでにも何度か書いてきましたが、
デビュー時に衝撃を受けたタイプの原画家ではなく、
じわじわと何年か経ってから好きになっていった原画家でした。
だからデビュー作では記憶になかったんですよね。
で、厘さんの絵が良いなと初めて思ったのはいつかとなると、
おそらく本作の宣伝広告か何かを見た時だったと思います。
まぁ、良かったのは宣伝広告の類だけであり、
いざゲームをプレイしてみると、
それ程良いってものでもなかったんですけどね。
あくまでも、私がその時に認識をしたというだけで。

もっとも、後の作品ほど良かったわけではないというだけで、
本作のグラフィックも十分に水準以上ではあったのでしょう。
本作に関していうならば、
むしろ問題はストーリーやシステムにありまして。
人によってはゲームであることを否定してしまいかねないくらい、
何か不便なシステムだったんですよね。
新ブランドといっても、本当の新ブランドではなく、
老舗でもあるフォレスト内のレーベルでしょうに。
ノウハウとかも十分にあるのだから、
もう少し何とかならなかったのかなと思ってしまいます。

ストーリーは、昔のフォスターのエロゲのようでもあり、
出来が良くないのは当然として、
何よりもボリュームが圧倒的に少なかったのは、
どうしても不満を呼んでしまうでしょう。
BeF作品って、結局どれもボリュームは少なめでしたが、
何かポリシーでもあったのかなぁ・・・

<総合>


厘さんの絵で陵辱調教ものなので期待したくもなるのですが、
システムが不便極まりない上に、
とにかくボリュームが少ないという後のBeF作品に続く欠点も有し、
残念な作品でした。
BeF作品を極めてやるぜって人や、厘さんの変遷を楽しみたいなら、
それなりに得るものはあると思いますが、
それ以外の人には少しきつい作品だと思いますね。

ランク:D-(凡作)

あきらめ

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3122-3e9c91d3
| ホームへ戻る |