『憧れ』

『憧れ』

『憧れ』は1999年にWIN用として、
フォスターから発売されました。

厘京太朗さんのデビュー作になるのでしょうか。

akogare001.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

主人公は高校生で、ヒロインは5人全員が教師でした。
つまり女教師ものになるわけで、
各女教師との純愛を描いた作品でした。

<感想>


それ以前のフォスターの作品と比べると、
雰囲気が変わったなとか、いろいろ感じるものはあるのですが、
まぁフォスターはフォスターということでもあり、
あまりストーリーには期待できないのかなと。

ただ、まだこの時期に女教師ばかりに特化した作品は少なかったので、
女教師好きならば外せない作品でもあり、
その点で意義はあったように思います

もっとも本作に関しては、
今となっては厘京太朗さんのデビュー作という意義の方が大きいのかな。
ちなみに、もし違っていたらすみません。

というのも、私は、
何年か経ってから厘京太朗さんの絵が大好きになったのですが、
初期の絵は良いとは思えなかったわけで、
したがって、じわじわと好きになっていった感じなんですね。
だから本作も、当時はフォスターの新作だとは把握していても、
原画の厘さんの名前は把握していませんでしたし。
そのため、デビュー作云々って辺りは少し疎いのです。

<グラフィック>


ところで、本作のCGはとても綺麗です。
CGによっては、凄く良いなと思います。
ただ、キャラデザがね、特に立ち絵ですが、
何か縮尺を変にいじったのかと思うくらい妙に縦長なのです。
だから全体としてはそれ程良いとは思えず、
原画が誰かとか覚えていなかったのでしょう。

それと本作は、いわゆるヴィジュアルノベル(VN)であり、
テキストが画面全体を覆っています。
VNって、安易にサウンドノベルの型を真似ただけで、
グラフィックが大事なエロゲとは相性が悪いんですよね。
パクりゃいいってもんでもないのです。
せっかく綺麗なCGも、テキストで隠れてしまっては意味がありません。
もちろん、テキストを読ませることに意義のある作品ならば、
テキストを前面に押し出す観点からVNでも良いのでしょうが、
本作はそういう類の作品でもないですし。
なんかせっかく魅力になりそうなところを、
ゲームデザインで台無しにしてしまった感はありましたね。

<総合>


楽しめない人は、全く楽しめない可能性も十分にある作品なのでしょう。

もっとも、CGの塗りは当時としては綺麗だったこと、
昔の厘京太朗さんの絵を楽しむことができること、
女教師特化作品であることから、
何かしら関心を抱いた点があれば楽しめると思います。
個人的には、上記の点で一定の満足は得られたことから、
ギリギリですが佳作としておきます。

ランク:C-(佳作)




関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3117-65a09888
| ホームへ戻る |