『ショコラ ~maid cafe "curio"~』

『ショコラ ~maid cafe "curio"~』

『ショコラ ~maid cafe "curio"~』は2003年にWIN用として、
戯画から発売されました。

今にしてみれば、2003年らしい作品といえるのでしょうね。

ショコラ ~maid cafe curio ~Re-order~

<概要>


ゲームジャンルは、マップ選択式ADVになります。

あらすじ・・・
父子家庭で育った主人公に、父の再婚で新たな家族が出来た。
いきなりその事実を知らされた主人公。
おまけに父と母は新婚旅行で3ヶ月かけて世界を一周してくるという。
父が経営していたアンティーク喫茶店の代理店長まで任され、
会ったばかりの義理の妹すずとの同居生活も始めることになった。
いきなり始まった新生活に、主人公は困惑しきり。世間知らずの少女、
美里と運命的な出会いを果たすわ、
すずは寂しいと言ってベッドに忍び込んでくるわ・・・
その他、元同級生や、幼なじみ、喫茶店のスタッフなど、3ヶ月の間に、
主人公は様々な女性と知り合い、恋に、仕事に楽しい生活を送ることに。

<総論>


自分のエロゲ歴も長くなったよなとか思いつつも、
その歴史の中で最も酷い時期が2003年でした。
それは必ずしも個人的な印象だけではなく、
客観的な数字としてもハッキリ出ています。
まぁ、エロゲ売上の上位100本くらいまでを細かく分析すれば、
実際には2002年にエロゲバブルは崩壊していたのでしょう。
(2002年の総売上は多かったけれど、
それはDVD移植版とかが出た時期も重なったことで、
前年までの作品が売れていたのであり、
実は2002年の新作の売上は既に前年より減っているのです。)
でも、そこに気付けた人はまだ少なくて、よりハッキリと分かるようになった、
即ち、これまで上昇し続けていたエロゲの売上が明確に下降に向かい、
エロゲバブルが崩壊したのが2003年なんですよね。
(まぁ、そもそも2000年頃から2002年にかけて、
上昇したということを前提にした意見は見るものの、
肝心のデータを私は見たことがないのですが、
一応好意的に解釈し上昇した前提で書いてます。)

そんな中、男性向けエロゲでの数少ない収穫が、
個人的には丸戸さんの名前を覚えたこととなるのでしょうか。
(もっとも、あくまでも、
読みやすい楽しい日常パートを書ける人だなとの認識であり、
ストーリーは80年代とかの作品の模倣ばかりで独自性がないことから、
才能的に凄いという印象は一度も抱いたことがなく、
そういう意味では一部の人との温度差は激しいのですが・・・)

また、2003年は何故かお店ものが増えた時期でもありました。
これは別に新しい流れでもなくて、だから個人的には、
何で今頃またお店ものが増えてんの?という印象でしたが。
とりあえず私の印象を抜きにすれば、
お店ものが再流行の兆しを見せた年だったのでしょう。

というわけで、今になって振り返ってみれば、
丸戸さんの書いたお店ものということで、
本作は2003年らしい作品と言えるように思うのです。

<感想>


さて、肝心の中身なのですが、お店を舞台にした作品で、
ストーリー自体に特に目立ったところはないのかなと。
ただ、さすがに丸戸さんというか、テキストは楽しかったですね。
っていうか、今はそんなに好きなライターでもないので、
この頃が一番純粋に楽しめていたように思います。

問題があるとすれば、システム部分になるのでしょう。
細かい部分で不便な作りであり、私はあまり気にしないですが、
システム周りに煩い人だと楽しめないおそれはあります。

また、本作はマップ上から移動先を選ぶタイプの作品であり、
お店の店長代理という立場から、
単にヒロインを追いかけるだけではなく、
店内の業務もこなさなければなりません。
つまり、ここでちょっとしたゲーム性を出そうとしたのでしょうし、
ここが上手く機能していれば私は絶賛していたのでしょうが、
実際にはあまり上手く機能しておらず、
単に面倒な作業が増えただけに感じてしまいました。

<総合>


システム面などで弱い部分もありますが、
全体としては何も考えずに普通に楽しめる作品ですね。

個人的には同年の丸戸作品ならば、
『FOLKLORE JAM』の方が圧倒的に好きなのですが、
一般的かつ多数派の萌えゲユーザーには、
こっちの方が合いやすいのかなとも思いますね。

ランク:C(佳作)

ショコラ ~maid cafe curio ~Re-order~


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3114-7de50559
| ホームへ戻る |