『VASTNESS ~空虚の生贄達~』

『VASTNESS ~空虚の生贄達~』

『VASTNESS(ヴァーストニス) ~空虚の生贄達~』は、
1993年にPC98用としてホーリーウッドから発売されました。

美少女ゲーム誌の「パソコンパラダイス」が製作した、
オムニバス作品でした。

vastness03.jpg

<パソコンパラダイス>


1991年に日本初のアダルトゲーム専門誌として発売されたのが、
「パソコンパラダイス」(通称パソパラ)でした。

もう何年も前に休刊になってしまったので、
今ではパソパラを知らないエロゲーマーも増えたかもしれません。
しかし、老舗であるだけでなく、一時期は最大手として、
アダルトゲーム専門誌の中でも、最も有名な存在だったのです。

まぁ、私自身は、全種類の雑誌を購入していた時期など、
パソパラを購入していた時期もあるものの、
どちらかというと「バグバグ」とか「P天」とか、
別の雑誌を買うことが多かったのですが、
それでも一般には「パソパラ」が最大手だったことは確かなのでしょう。

そして、そのパソパラが製作したのが、
この『VASTNESS(ヴァーストニス) ~空虚の生贄達~』でした。

<概要>


ゲームジャンルは、ノベル系のADVであり、
3つのショートシナリオからなるオムニバスADVでした。
1993年はオムニバス作品が増えた年であることからすると、
本作はいかにも1993年らしい作品とも言えるのでしょう。

3つのシナリオは、それぞれ以下のとおりです。
「学校の治め方教えます」・・・女子校を舞台にしたレズゲー
「診療室は秘密が一杯」・・・女医さんとのエロ
「Platonic Sadist」・・・未亡人:絹江の性遍歴

尚、上記の内、最初の2つは一本道のノベルゲーであり、
最後の「Platonic Sadist」にだけ、
選択肢による分岐がありました。
vastness04.jpg

<感想>


まず、「学校の治め方教えます」は、
女子高を舞台にしたレズゲーになります。
PC98時代はレズゲーも定番ジャンルの一つでしたので、
オムニバスの中にレズシナリオが含まれることもまた、
この当時らしい傾向と言えるでしょう。
vastness06.jpg

次に、「診療室は秘密が一杯」は、普通のエロ作品になります。
今風に言えば抜きゲーになるのでしょうね。

以上の二つだけだと特に目立つところもない作品で終わるのですが、
本作の一番の存在価値は、3つ目のシナリオである、
「Platonic Sadist」にあるのでしょう。

「Platonic Sadist」は、
未亡人となった絹江が自分の性遍歴を回想しながら、
それを主人公に語りかけるという構造になっています。

vastness01.jpg
発端となったのは、絹江がまだ小学生の頃。
ある日、家に帰ると、
絹江の母親が犬上家のスケキヨのように逆立ち状態になりつつ、
全裸で股を左右に全開にして、
その体勢で股間にバイブを入れてオナニーをしています。
その光景に生まれて初めて性的衝撃を受けた絹江。
・・・そりゃまぁ、衝撃受けるわなw
初めて見た時、思わず噴き出しそうになりましたよ。

そこからまぁ、痴漢をされたり、自慰を覚えたり、
普通の女の子っぽく恋愛をしてみたりと様々な経験をするわけでして。
即ち本作は、絹江の小学生時代から結婚に至るまでの間、
少しずつアブノーマルなHに目覚めていく姿を描いた作品なのです。

淡々と過去を語る様子と、そのディープな中身とのギャップが、
独特の雰囲気を醸し出していましたし、
サウンドやグラフィックの魅力も相まって、
妙に印象深い作品でしたね。

余談ですが、ノベルゲーで人生とか言い出す人がいるけれど、
アダルトゲームで人生云々を語るのであれば、
こういう幼少期からの性遍歴を描いた作品こそ、
該当するのではないでしょうか。

本作においては、上記の3つ目のシナリオの存在感が一番なのですが、
他にもグラフィックにも若干特徴があります。
本作はイベントCGと部分アニメーションで成り立つ作品であり、
その中でも、二分割や三分割、四分割といったCGがあり、
こういう表現の仕方は今のエロゲではほとんど見かけないように思います。
まぁ画面を分割したからといって必ずしも良いとは限らないのですが、
本作においては上手く使わていたように思いました。
vastness05.jpg
vastness02.jpg

<総合>


以上のように、魅力的だったり特徴的な点もある作品なのですが、
非常に小粒でボリュームの少ない作品でもあり、
その点がどうしてもマイナス要素となってしまうでしょうか。
そのため、総合ではギリギリ良作となります。

マニアックな内容かつ低ボリュームということで、
合わない人は全く楽しめないおそれはあるものの、
個人的には印象深い作品でしたね。

ランク:B-(良作)

VASTNESS

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3103-80d33042
| ホームへ戻る |