鍵穴殺人事件

鍵穴殺人事件

『鍵穴殺人事件』は1983年にシンキングラビットから、
PC-88等で発売された推理ADVです。

シンキングラビットを代表する推理ゲームですね。

kagianasatujin.jpg

<ゲームデザイン>


システムはコマンド入力式のADVになります。
返答の多彩さ等、狭義のゲーム性にも秀でていました。
ここら辺は、シンキングラビットの良いところですね。

<ストーリー>


あらすじはこんな感じです。
「ロンドン郊外のギルズ・ウィルコック氏の屋敷に、
ロンドン警視庁のケン・ウィンストンこと私が派遣された。
ウィルコック氏が殺人予告を受けたためで、
私は主人の部屋の前で午前0時が来るのを待っていた。
予告時間きっかりに一発の銃声が響いた。
主人の部屋は完全な密室で、鍵穴から覗いた私の目には、
主人が倒れているのが見えた。
犯人は屋敷の中にいます。
はたしてあなたはこの事件を解決することが出来るでしょうか。 」

RPGが中世ヨーロッパ風である必要はないように、
ADVが推理物である必要はないんですよね。
実際、国外の初期のADVはファンタジー物やSF物が多かったし。

それなのに、国内の初期の名作は推理物ばかり。
まぁ、それだけ数も多く作られたってわけなんだろうけどね。

じゃ、なんでそんなに多く作られたのか・・・

それを考え出すと結局行き着くところは、
83年の『ポートピア』と『鍵穴殺人事件』だったんではないですかね?

『倉庫番』とかでも有名なシンキングラビット。
PC-88初期には良作なADVも出していました。
結構根強いファンも多いです。

そのシンキングラビットの最初のADVが、
『鍵穴殺人事件』だったのです。
こうした名作があったからこそ、
多くの推理ADVが作られていったんでしょうね。

さて、当時の私が何を考えていたか覚えていませんが、
ちょっとシンキングラビット作品の評価は辛めになってるかもしれません。
なのでこれが最低ラインで、
合う人はもっと高くなると考えた方が良い気がしますね。

ランク:A(名作)

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1983」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |