<日記> 89年のエロゲ2、返信など

<日記> 89年のエロゲ2、返信など

難産となってしまった、89年のエロゲの2本目が、
ようやく修正し終えました。

修正しようと思ったから余計に時間がかかってしまったので、
いっそのこと最初から全部書き直した方が早かったかもしれません。
言いたいことはハッキリしているのだけれど、
どうも表現しにくかったものですから。

<89年のエロゲ>


とりあえず、言いたかったことを補足して書くと、
89年の一つの特徴として、以下の点が挙げられます。

・PC98時代の3強である、エルフ・アリス・アイデスが揃い踏みし、
各ブランドの看板作品も出てきた。

・・・まぁ、ただ、これに引きずられることは良くないと思っています。
つまり、野球で例えるならば、
2007年はマー君や坂本やマエケンが入団した年ではあります。
確かに、後の野球界のビッグスターではあるけれど、
2007年時点ではエースでも中心選手でもないだろうってことです。
その時のタイトルホルダーやスター選手は他にもいるわけで、
2007年のプロ野球を説明するのであれば、
そういう選手を紹介しないと全然足りないんですよね。
だから、上記ブランドを紹介するだけでは駄目と思うわけです。

・融合
・・・融合でも合流でも合体でもコラボでも、
言葉自体にこだわりはないので、似たような表現のどれでも構いません。
言葉は何でも構わないのだけれど、
そういう複数の要素がくっついたのが89年の大きな特徴だと思います。
この点は、記事内で少し書き損ねたのもあり、
90年の記事の最初に補足で追加する予定です。
これは何のことかというと、例えばカクテルソフト。
カクテルソフトは、
後にはアイデス(旧キララ)の看板ブランドになりますが、
もともとはジャストとキララという二つの会社が、
共同で作品を制作販売するためのブランドとして生まれました。
ジャンルとしては、キャラの魅力を追求する学園モノと、
ストーリーを楽しめるミステリーモノが混ざった、
学園ミステリーとも呼べるジャンルが増えました。
90年代前半には一時期多数派といえるくらい数が増えたジャンルです。
作品単位では、例えばドラゴンナイトなどは、
ヒロイン像の確立とRPGの普及という、
88年のアダルトゲームの新たな流れを両方とも受け継いだ作品といえます。
以上のように、複数の要素が混ざったのがこの時期の特徴であり、
これにより、アダルトゲーム全体の質が飛躍的に向上しました。
86年から88年までのシンプルな作品とは一線を画し、
89年から違う領域に踏み込んだといえると思います。

・黄金期
・・・それでいて、何ていうのかな、美少女ゲームであるとか、
今でいうエロゲとはまた異なった、オタク文化では図れないような、
アダルトなゲームが存在したり、純粋にストーリーを堪能できる、
しかも今でも見かけないような珍しい方向性の作品があることで、
探せば探すほど多様性の発見できる年でもありました。
だから以前のコラムでも書いたのだけれど、
アダルトゲームの内容における全盛期ないし黄金期の始まりとなると、
私は89年からだと思うのです。
エルフアリスアイデス葉鍵といった、
ゼロ年代まで残っていたブランドだけから過去を振り返ると、
まだ89年は地味に見えるかもしれないですけどね。
今はないために現在の知名度は下がってしまったけれど、
当時は輝いていたブランド・作品も一杯あったということですね。


<返信>


>■10年代以降、現在のゲーム感想
>今昔で見た評価が読みたいです
・・・これは、こちらに移転する前の、
「おいら的ゲーム今昔」時代を指しているのでしょうか
それとも最近の作品に対し、
過去の類似作との比較の視点を盛り込んで欲しいということでしょうか。
余談だけど、「おいら的ゲーム今昔」時代から知っている人、
どれくらいいるんでしょうね。

>■ゲームコラム
>ゲーム個別の記事も楽しみですがこちらも気になります
ありがとうございます。
コラム関係は書くのに時間がかかるので、最近は減ってしまっていますね。


>P&C式ADVの変遷なども読んでみたいですね。
・・・P&C式ADV好きを称する者としては、
これは書きたい題材ではあるんですよね。
ただ、いつか書きたいとは思うのだけれど、
基本システム完成に至る経過であれば、
ルーカスアーツの作品を追えば、ほぼ足りてしまいます。
もっと広義に内容も含めるとなると、
それこそ洋ゲーのADVなんて20年以上P&C式が主流ですから、
P&C式の変遷がADVの変遷とイコールになりかねず、
膨大な量になってしまいます。
国産エロゲに限定して説明しようとしても、
最低限の一般ゲーの知識は必要でしょうしね
(おさわり要素があれば、今はSLGと言われかねない時代ですから)。
以前書いたインタラクティブムービーの記事のように、
限定した期間のものであれば何とかなるかもしれませんので、
書くとしたら、もう少し絞り込んでからでないと、
手を出せないかなと思っています。


>■その他(過去記事修正、日記、アニメなど)
>できれば、エロゲ歴史の過去記事修正
・・・今の文章、改行とかもないので、読みにくいですからね。
何とかしたいところです。
当時何を考えていたのか忘れましたが、
続けるのであれば2005年以降も書いた方が良いのだろうし、
エロゲバブルが崩壊するまでと区切るならば、
遅くとも2003年までで十分な気もするので、ちょっと考えています。

>シナリオライター10選、好きな90年代アニメなど
・・・シナリオライター10選は書けそうです。
私の場合はゲームデザインと連動させられる人を好むので、
シナリオだけを切り取って考えるのは難しいところもありますけれど。
あと悩むのは、この業界って、一発屋が結構多いんですよね。
一本だけ凄いのあるけれど、他に作品がなかったりして。
ストーリーの好きな作品10選ではなく、
シナリオライター10選という表現を用いるのならば、
少なくとも良作が2本以上ないようなライターは、
おもいきって除外すべきなんだろうなと今のところ考えています。

90年代アニメは、本数や順位とかをつけなければ、
適当に好きな作品を思いついただけ挙げるというのであれば、
書けるように思います。
おもいっきり懐古な内容になってしまいそうですがw


関連するタグ 


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3097-d8392464
| ホームへ戻る |