『手垢塗れの天使』

『手垢塗れの天使』

『手垢塗れの天使』は2016年にWIN用として、
あかべぇそふとすりぃから発売されました。

枕営業をするヒロインの物語ということで、
いかにも今っぽい作品でしたね。

手垢塗れの天使 dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
ステージでスポットライトを浴びて輝くアイドル──
そんな子供の頃からの憧れだったアイドルへの夢を叶え、
新人アイドルとしてデビューした如月嶺衣奈(きさらぎれいな)。
しかし、彼女の思い描く輝く舞台への道は遠く、
泣かず飛ばずのまま、たいした仕事もない現状が続いていた。
華々しい活躍をしている同じ事務所のアイドルたちと自分を比べ、
差を感じないのにこの状況はなんなのかと憤る嶺衣奈は、
事務所のプロデューサーに直談判を行う。
プロデューサーは怒りと焦りを隠せない嶺衣奈を見て、
面倒がりながらも1つの言葉を投げかける。
「繋ぎは作ってやる──あとは自分で何とかするんだな」
突き放すようなその言葉をいぶかしむ嶺衣奈。
理解が及ばないまま連れていかれたのは、彼女一人では入ることすら
ためらうような高級ホテルのレストランだった。
そこで待っていたのは、有名企業の重役である一人の男。
自らを彩るドレス、舐めまわすような視線。
輝かしい舞台に上がるために、今自分が何をしなければいけないのか。
そして、彼女はその身を捧げる決意とともに、
『アイドル』としての道を歩き出す──

<感想>


簡単に言ってしまうと、本作は枕営業をするアイドルの話になります。
題材的に抜きゲーと勘違いする人もいるのかなと思いますが、
シナリオは和泉万夜さんなので、
どちらかというとストーリーを楽しむ作品になります。
一昔前の表現で言えば、ダーク系に分類される作品でしょうね。
今は少なくなったタイプの作品ですし、
純愛以外でストーリーも楽しめる作品を求めているのであれば、
楽しめる確率は高くなるでしょう。

まぁ良くも悪くも、いかにも「今」っぽい題材ではあるのだけれど、
個人的には時代性を反映した作品には好意的であります。
こういう時代性を反映した作品は、
数年後には後のユーザーから古臭いとか言われやすいですが、
そういうのこそ実は、その時々の先端の題材だったりしますからね。
だから私は好意的なのです。

もっとも、他所で決定的と言える作品が出てしまうと、
それ以降の作品は二番煎じとか思われてしまいやすいのですが、
まだこの手のジャンルで決定的と言える作品もないので、
題材的には狙い目なのだと思います。

それでいて、本作のシナリオは和泉万夜さんですからね。
テキストは安定して楽しめましたし、途中までは面白かったです。
原画も個人的に好きな絵柄でしたし、その点でも満足でした。
ただ、面白くて光る部分もあっただけに、
逆に惜しい部分が目立ってしまった作品でもあったのかなと。

まず、ストーリーに関しては、
自ら枕営業を行うことを選択し這い上がっていくヒロインが、
その目的もキャラクター性もハッキリしていて、
単純に読んでいて楽しかったです。
しかし、本作がロープライスの作品であることも関係してか、
後半が少し単調であったり、肉付けが薄い部分もあったりで、
後半の楽しさは少し弱かったように思います。

次に、個人的には一番の問題点と思う部分でもあるのですが、
ゲームデザインに関してですね。
本作は選択肢もなく、完全に一本道の作品になります。
もし本作のヒロインが誰とでも寝るビッチであったならば、
一本道でも大した違和感はなかったのかもしれません。
しかし、本作のヒロインは誰とでも寝るビッチではなく、
アイドルとしてのし上がっていくために、
利用できる奴は利用しようというキャラなのです。
次から次へと偉い役職の人が出てくる、
アイドルとして成功するために、こいつとは寝た方が良いのか、
その判断はユーザーに委ねた方が良かったのではないでしょうか。
選択肢を用意して、こいつと寝たらこういう結果になった、
そいつと寝たらそういう結果になったと、
選択に応じた結果が描かれていれば、格段に面白くなったはずです。
単にシナリオを読むだけでは、そこら辺のビッチの物語とかわらないですし、
目的の下にHをするヒロインの個性も殺してしまいます。
プロデューサーとディレクターのどっちの仕事になるのか分かりませんが、
この作品を面白くしたいと思うのであれば、
作品外の余計なことに気を回すよりも先に、
まずトータルでのゲームデザインこそ考えるべきでした。
本作はグラフィックもシナリオも良いはずなのに、
それらの良さをゲームデザインのせいで、
活かしきることができなかったように感じました。

また、細かい部分としては、本作には副音声システムがあります。
ヒロインがHの最中に話す言葉とは別に、
内心の本音を副音声として聞けるシステムになります。
本作の題材ないしヒロインの性格からは、
このシステムを入れること自体は良かったと思います。
私はいつも、必要なところに必要なシステムを入れろと言ってますが、
これなんかはまさにそう言えますからね。
ただ、入れるところまでは良かったのですが、
使い勝手の悪さから、良さを十分に発揮できなかったように思います。
テキストと音声が一致しないという演出は、
エロゲでもたまに見かけますが、
最初からそういう演出でも良かったんじゃないかなと、
個人的には思うのですけどね。

<総合>


ブランドとしては、違う意味での実験を行うつもりだったかもですし、
そのためのロープライス作品だったのかもしれませんが、
その実験のためにこの原画とライターを使ってしまったのは、
非常に勿体なかったのかなと。

本作をフルプライス作品として企画し、
全体のボリュームや分岐などを増やすなどしていれば、
目に見えて格段に面白くなっていたはずです。
もちろん、本作の段階でも面白いとは言えるのですが、
もっと面白くなることが明確だっただけに、
惜しいよな、勿体ないよなと思ってしまった作品でした。

ノベルゲーはシナリオさえ良ければという人もいるでしょうが、
そうではないのだと、シナリオの良さを生かすも殺すも、
ゲームデザイン次第なのだと再認識させる作品でした。

ランク:C(佳作)



DL版
手垢塗れの天使 dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3096-d4dbc7ee
| ホームへ戻る |