『強制AVデビュー 上木愛莉1X歳 ~自慰盗撮から始まった、恥辱と背信の日々~』

『強制AVデビュー 上木愛莉1X歳 ~自慰盗撮から始まった、恥辱と背信の日々~』

『強制AVデビュー 上木愛莉1X歳 ~自慰盗撮から始まった、
恥辱と背信の日々~』は、2016年にWIN用として、
SLAVEnirから発売されました。

和泉万夜さんがシナリオを担当ということで、
注目した陵辱ゲームでした。

強制AVデビュー 上木愛莉1X歳 dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
夏が始まろうという季節。上木愛莉は一人の少年のことを想っていた。
球児として、最後の大会に挑もうとしている彼との関係は
遅々として進まない。今は大切な時期。愛莉もそれは理解していた。
でも、切なさは消えない。
ある日、彼に代わり、忘れ物の衣類を取りに来ただけだった。
夕刻で人気のなくなった校舎、想い人の匂いのする衣服、
恋に焦れる想い―― 周囲を見やり、衣服を顔に近づけていく。
好奇心と状況、それに想い人の匂い。
それは恋する彼女にとっては麻薬だった。
一度だけ、たった一度だけ、愛莉の自制心は急速に蝕まれてゆく。
想いの分だけ、心は強く揺さぶられ、
嗅げば嗅ぐほどに切なさは増してゆく。
彼への気持ちが溢れ、もう自制の崩壊を止められそうにない。
秘められた場所へと、手が伸びていく。
切なさを打ち切るための、甘い快楽を求めて。
ここで辞めておけば、満たされておけば、これからの話は無く、
思い出しては赤面する程度で済んだと言うのに……。

<ストーリー・シナリオ>


ストーリーは非常にシンプルですね。
具体的には、学校で自慰をしていた主人公の女の子が、
そのシーンをキモい野郎3人組に盗撮され、
それを理由に陵辱されるというものになります。
ストーリーとしては、特に変わったところのない、
ごくありふれた作品なのでしょう。

しかしながら、シナリオが和泉万夜さんということもあり、
読んでいて読みやすかったですし、
女性視点の心理描写とかもしっかりしているものだから、
シナリオ全体に一本、しっかりと筋が通っているのです。

本作は、いわゆる抜きゲーと評されやすい作品なのでしょうが、
そういう作品であっても最低限のストーリー性は欲しいと思う人、
つまりは私なのですが、そういう人でも本作ならば、
十分に楽しめるでしょう。
ストーリーに他社との差がなくとも、
シナリオがしっかりしていることから、
それで十分に他社との差別化はできているように思います。

ただ、一点だけ注意すべき点もありまして。
私は、シナリオゲーと抜きゲーの2分論でしか考えない人は、
ハッキリとアホだと思っています。
和泉万夜さんは、表面的には抜きゲーと分類されやすそうな、
陵辱ものなどを題材にしつつも、
その中でシナリオゲーと評されるような、
ストーリー性を重視した作品を作ることが得意な人です。
このようなライターは業界でも希少になっているので、
だから個人的には好きなのですが、
裏を返すならば、エロだけを追求するライターではないので、
エロシーンの描写に秀でているわけではないのです。
だから、本作を見て、エロだけを求めてプレイすると、
少しもの足りなく感じるおそれはあります。

尚、本作は陵辱ものですが、上記のように3人組にやられるので、
幾つか輪姦シーンも登場します。
特に変わったシチュとかはありませんが、
輪姦属性の有無で多少印象は変わりうるかもしれません。

<感想>


その他の感想としては、CGも価格相当以上ですし、
シナリオのボリュームも十分だと思います。

攻略は非常に簡単で、最後に選択肢が一個出てくるだけです。

<総合>


今年はわりと陵辱ゲームをやっているように思うのですが、
特にこだわりを感じられない中で、
最低限のストーリー性を感じられない作品も多く、
不満が残るケースが多いように思います。

本作も、特にこれがという目玉はないのだけれど、
シナリオにしっかりと筋が通っているものだから、
そのおかげで満足できたって感じですね。

総じて、特に印象深いという作品でもありませんが、
ストーリー・グラフィック・ボリュームなど、
どれも水準を超え、手堅く纏まった作品ですので、
幅広い層が十分楽しめる作品だと思いますね。

ランク:C-(佳作)

強制AVデビュー 上木愛莉1X歳 dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3083-c6bd825f
| ホームへ戻る |