『マリちゃん危機一髪』

『マリちゃん危機一髪』

『マリちゃん危機一髪』は1983年にPC88用として、
エニックスから発売されました。

第1回ゲームホビープログラムコンテストの
「優秀プログラム賞」受賞作品とのこと。

marikiki01.jpg

<概要>


ゲームジャンルは野球拳になります。

本作は漫画家である槙村ただしさんの、
ゲーム作家デビュー作となっています。

まぁ実際には、本作より前にも、
九十九電機の『野球拳』も手掛けているようなので、
厳密にはデビュー作ではないのですけどね。

でも、とりあえず、アダルトゲームの黎明期を支えた人物であることは、
間違いないと言えるのでしょう。

ゲームとしては、マリちゃんが毎回ピンチにさらされ、
マリちゃんの危機を回避するためにジャンケンをすることになります。
やっていることはジャンケンないし野球拳なのだけれど、
その見せ方に一工夫加えた作品と言えるでしょうか。
marikiki02.jpg

<感想>


槙村ただしさんの正式なゲームデザイナーデビュー作だからか、
古いアダルトゲームの中では、かなり高い知名度を有するように思います。
何か、その手の書籍とかには、高い確率で掲載されていますし。

ただ、見せ方に一工夫がなされているとはいえ、
結局のところは野球拳なんでね。
それ程面白い作品とはいえないのですが、それでも何故か有名ですよね。

まぁ、最初に掲載した人は良いとしても、
問題はそれ以降の人で、自分の分析に基づいて選んだといより、
単に前のを流用しただけにしか見えないので、
だから個人的には不満が残るところでもあるんですよね。

槙村ただしさんの作品にかぎってみても、
ゲームデザインなら『女子寮パニック』、
ストーリーなら『エルドラド伝奇』と、
他に内容的に名作と呼べる出来の作品が幾つもあります。
それなのに知名度は本作が一番あるように思えるわけで、
そしてそこにきちんとした理由を見出せない点で、
どうにも納得いかないのですが、
とりあえずいえることは、
アダルトゲームって昔から知名度と面白さが一致しないものですね。

ランク:C(佳作)

関連するタグ PC88 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1983」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

ご無沙汰してます(^^)

このマリちゃん危機一髪、FM-7のテープ版でやったの思い出しました。
(当時は小学生なので、やっちゃいけないゲームと思ってました)
なんせこのころって、アステカのリアルな裸画像みただけで
わ、わ、わって感じでした。

それで少し前にFM-7の実機でやろうと、テープに書き戻しても読み込まないし
半ばあきらめてたら、ふと現在のパソコンの外部出力に
FM-7のレコーダー直付けしたら動くんじゃないかと試行錯誤してプレイ出来ました。

出来た時の記事
http://ayachi0610.blog65.fc2.com/blog-entry-251.html

エルドラドの槙村ただしさんのデビュー作なんですね
ココらへん知らなかった^^;

お久しぶりです。

最近はハード関係の話が増えているようで、
FM-7の記事も前に読みました。
面白い事を始めたなと思っていましたが、
なんだかまた忙しそうですね。
でも、余裕ができたらで構わないので、またブログを更新して欲しいです。

まぁ私も、何だかんだでずるずる続けていますが、
今年あたりでもう限界かなと思ってもいますが。

槙村ただしさんなら、まずはエルドラドだろって思うのですが、
デビュー作だからなのか何なのか分からないですが、
本作が書籍とかで紹介されることが多いように思いますね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3080-3382d7f2
| ホームへ戻る |