『大奥マル秘物語』

『大奥マル秘物語』

『大奥マル秘物語』は1983年にPC88用として、
CSKから発売されました。

ある意味、とても資料的価値の高い作品かもしれませんね。

ohoku01.jpg

<概要>


まずタイトルについてですが、正式には「秘」の字を丸で囲んでいます。
でも、ちょっと環境に依存しそうな字なので、
ここでは「マル秘」として記載しました。

ゲームジャンルとしては、
コマンド入力式ADVでも構わないのかもしれませんが、
ちょっと特殊です。

ohoku03.jpg

画面を見れば分かるように、選択肢が出てきて、
その中から選ぶ場面が多いことから、
基本的な構造としては今のノベルゲームと同じなのです。
ただ、選択肢を選ぶだけでなく、場面によっては、
直接コマンドを打つ必要がありました。

したがって、コマンド入力+ノベルゲーと説明した方が、
正確なイメージを抱けると思います。

まぁ今だったら、コマンド入力要素もあるノベルゲーと言われそうですが、
本作はコマンド入力要素の割合も高いので、
ノベルゲー扱いをすることには若干抵抗もあります。
なので、上記のような複合形式で説明するのが無難なのでしょう。

あらすじとしては、まず主人公は女性であり、
御勝手方として大奥に入ります。
そして、上様のご寵愛を受けて、
世継ぎを出産するまでを描いた作品になります。

<感想>


ADVの歴史的なコラムを読んでいると、
それはCSのADVには該当するだろうけれど、
PCのADVには該当しないよなということが、ままあります。

本作を製作したCSKは、他にも同様の作品を作っていることから、
本作だけが異端となるわけでもないのですが、
それでも一般的なADVへのイメージとは大きく異なる作品なのでしょう。

具体的に見ていきますと、例えば今でも、
ノベルゲーの主人公と自分を同化させて読む人もいるようですが、
私自身はノベルゲーでそれはないだろと思ってしまいます。
そんな私でも、80年代とか古い時代の作品になればなるほど、
主人公=プレイヤーを前提に作ってある作品が多いなとは思います。
そうした主人公=プレイヤーという構造が崩れるのは、
CSでは90年代以降となるのでしょうし、
その様に書かれたコラムなどを読んだこともあります。
しかし、上記のような分離の概念はCSゲーだけを念頭にしたものであり、
アダルトゲームを念頭に置くならば、該当しないとなるのでしょう。
その良い例が本作ですね。
本作の主人公は女性であり、
男性プレイヤーが大半のアダルトゲームにおいては、
主人公と自分を同化させる人はほとんどいないでしょうから。

他にも、80年代のエロゲは野球拳とか、
エロCGを見るのが目的のゲームばかりという勘違いをする人もいますが、
本作のあらすじとかを見れば、そうでないことは一目瞭然です。

また、この時代は炉利ゲーが主だったという記事ばかり目にしますが、
本作を作ったCSKは本作だけでなく他にも熟女ものというか、
大人の女性を扱った作品を多数発売しており、
本数の上では炉利ゲーと何ら変わりません。
タイトル数的にはそんな感じですし、
売上的には正確なところは分らないのですが、
炉利ゲーの代表格であるPSKが半ば同人に近い形だったのに対し、
CSKは東映の作品をゲーム化することが多く、
当時のPC所有者の需要はあるように思いますし、
売上的にはこっちの方が主だったんではと、
炉利ゲー主流説には異論を唱えざるをえません。

<総合>


本作自体が面白いかとなると、
それ程でもないというのが正直なところなのでしょう。

ただ、80年代のADVへの偏見がある人ほど、
おそらく本作はそのイメージとは異なる作品に見えるだろうし、
それだけ資料的価値のある作品とも言えるのかもしれません。
そういう意味では、非常に意義のある作品なのでしょうね。

ランク:C(佳作)

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力 /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1983」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3074-fb748a9f
| ホームへ戻る |