『ガールフレンド / ゆみこ』

『ガールフレンド / ゆみこ』

『ガールフレンド / ゆみこ』は、1985年にPC88用として、
宇宙企画から発売されました。

いわゆる「親が来たモード」を初めて実装した作品であり、
漫画家の中島史雄さんがキャラデザをした点でも有名な作品でした。

girlyumiko01.jpg

<概要>


ゲームジャンルは詳細は後述しますが、
コマンド選択式ADV+ミニゲームになります。

ガールフレンドである「ゆみこ」と会話をして、
彼女を脱がせていく作品になります。

<感想>


まずは細かいところなのですが、
普段は『ガールフレンドゆみこ』とつい書いてしまうのだけれど、
正式なタイトルは『ガールフレンド / ゆみこ』になります。

本作はゆみこと会話をして、彼女をその気にさせて、
脱がせるのが目的となります。
なので、大雑把には脱衣ゲームと言えるでしょうか。

会話場面は、ファンクションキーに割り振られたコマンドを選ぶので、
コマンド選択式ADVと言えます。
もっとも、同じコマンドを繰り返して断られると、
ミニゲームに突入します。
ミニゲームは全部で5種類あり、クリアすると先に進めますので、
実質的にはADVというよりも、
ミニゲームの集合体という感じでしょうか。
野球拳による脱衣ゲームも結構あった時期ですが、
その野球拳の代わりにミニゲームになったといえば、
イメージが沸きやすいかと思います。

ヒロインのゆみこちゃんは、
漫画家の中島史雄さんがキャラデザとのことで、
それが一つのセールスポイントでもあるのでしょう。
まぁ、残念ながら私はあまりよく知らないのですが、
それでもヒロインは当時では可愛かったと思います。

本作自体が面白いかとなると、少し微妙なところもあるのですが、
一つだけ重要な要素がありまして。
具体的には、本作には緊急回避モードがあり、
突然部屋に人が来た時とかにf10を押すと、画面が切り替わるのです。
確か東大受験用の英語テキスト画面でしたかね。

PC98時代とかは、「親が来たモード」として、
こういう機能のあるゲームも結構あったように記憶しているのですが、
最近はほとんど見かけなくなりました。
なので、あまり縁のない人も多いのかもしれませんが、
懐かしく感じる人もいるかと思います。
で、その起源は何かとなった場合に、本作だったよとなるわけですね。

<総合>


ゲームとしては特に面白いというものでもないので、
評価としては伸びないのだけれど、
エロゲの歴史の観点からは外すことのできない一作という、
珍しいパターンの作品ですね。
そういう意味では、資料価値の高い作品ではあると思います。

ランク:C(佳作)

ガールフレンド / ゆみこ

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1985」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3070-8041b24f
| ホームへ戻る |