美少女写真館パート3  フォトクラブ 恐怖の館編

美少女写真館パート3  フォトクラブ 恐怖の館編

『美少女写真館パート3 フォトクラブ 恐怖の館編』は、
1988年にPC88用として、HARDから発売されました。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

bisyasin301_20150616092324f97.jpg

たぶん他の機会にやることはないと思うので、
シリーズ全般の話から入りたいと思います。

タイトルで何となく分かるかなとも思いますが、
このシリーズは女の子を写真で撮るのが目的となります。

シリーズの最初の頃は、本当にただ写真を撮るだけです。
目の前に女の子がいて、
後はどのカメラでどういう風に撮るのかを選択するだけです。
上手くいけば写真が撮れてCGが見られるのですが、
失敗するとぶれて変な画像になります。
基本的には選択肢の連続タイプのADVと言えるでしょうね。

発想は良かったと思うのですが、正直つまらなかったですね。
カメラの細かい設定なんて素人にはわからないですし、
正しい組み合わせになるかなんて、完全に運任せでした。

本作はシリーズ3作目ということですが、
突然大幅に進化してきました。
まず、コマンド選択式で進行するストーリーパートが付きました。
また、写真撮影の設定が簡素化され、
前作までの煩わしさから開放されました。
前作との比較の観点から言えば、
ゲームは大幅に進歩したと言えるでしょう。

ただ、まぁ、あくまで比較した場合の話でしかないのも確かでして。
前作までがあまりに酷かったから、
余計にも本作が良く見えたってのも大きいでしょう。
ADV全体で見れば、まだまだ問題の多いゲームだったと思います。

そういうわけで作り込みの甘さは残るものの、
他と被らない個性はありますし、
それなりには楽しめるようになった作品といった感じですね。

ランク:C(佳作)

美少女写真館PART3 フォトクラブ 恐怖の館編

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/307-5d295deb
| ホームへ戻る |