<日記> 1988年のエロゲ、今年の競馬

<日記> 1988年のエロゲ、今年の競馬

今年は競馬が面白いです。
今月末の宝塚記念も楽しみですね。

88年のエロゲは、ヒロインの誕生とRPGの拡大の二つが大きいですが、
この時点でエロゲの大半の要素が出そろったのも大きいですね。

<競馬>


まぁ、今年の3歳が最強世代と呼べるのかは、
他の世代と対決してみないことには分からないけどね。

でも、クラシック戦線において期待された馬たちが皆無事に出走し、
その馬らが軒並み期待通りに走っているという点では、
ここまで充実した年もないと思う。
少なくとも今年は、
ハイレベルで層の厚い年であることは間違いないのかなと。

まぁ後は、疲れた時に競馬動画を見るとスカッとするので、
何か最近は見ることが多い感じですね。

近況はそんなところか。
あぁ、そういえば、最近好きなアイドルができたw
今まで推しメン何それ状態だったけれど、
ようやく気持ちが理解できた気分です。

<1988年のエロゲ>


1988年のアダルトゲームの歴史の記事を加筆修正しました。
アダルトゲームの歴史 1988年 その1
アダルトゲームの歴史 1988年 その2

88年は、面白いゲームが増えた印象ですね。
ゲームジャンルでは、RPGが増えた感じ。
エロゲにおける純粋なRPGとしては、元祖は87年になるのだろうけれど、
ジャンルとして定着したとは言えない状況でしたからね。
88年にタイトル数が増えたことでようやく、
エロゲにおいてRPGが定着したと言えるのかなと。

記事内では書かなかったのだけれど、
もしエロゲにおけるRPGバブルとか、
RPGの流行というものを定義付けるとするならば、
88年~91年くらいまでがその時期なんでしょうね。

RPGというくくりからは上記のような区分になるのだろうけれど、
エロゲ全般という観点からは、88年までは一つの時代なのかなと思います。
85年までが前史的な存在で、
86年から88年までがジャストの時代って感じで。
89年になると、また状況が変わりますからね。
89年は、エルフ・アリス・アイデスという、
PC98時代の3強が出てきた年ですし。

ん~でも、どうなんだろうな~
エルフ・アリス・アイデスの名が出てきたところから、
一見すると89年から区切りやすいのは確かなんだけれど、
上記のようにRPGの隆盛の観点からは、88年からとなります。
それと、上記記事内でも書いているけれど、
実質的なヒロインの誕生ですね。
女の子は攻略対象であり、ただ犯すだけの存在というのではなくて、
もっと個性をもった一人の存在であるという、
いわゆるヒロインとして確立されていったのは88年からなのでしょう。

そうなると、セールス的な観点からは86年から88年くらいまでが、
おそらくジャストの時代と呼べるのでしょうが、
作品の内容の変遷という観点を重視するならば、
88年から新しい時代に入ったとも言えるのでしょうし。
私のコラムや各作品の記事を読んだ人がどっちに感じるかも、
それなりに意見は分かれそうな気もしますしね。

まぁ結論はどっちでも構わないのかもしれないけれど、
少なくともエルフ・アリス・アイデスが出てきたから~みたいな、
そんな表面的な点だけで決めるのではなくて、
もう少し踏み込んで考えた上での結論を見てみたいものですね。

関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3063-253bc95d
| ホームへ戻る |