<備忘録> 2005年のエロゲ その5

<備忘録> 2005年のエロゲ その5

2005年のエロゲを振り返る5回目になります。

今回は、個人的に印章に残った作品を中心に扱いつつ、
当時の深夜アニメなんかについても扱います。

<エロゲ>


人妻ゲーの存在が特に目立ったのは2006年なのだけれど、
その前から少しずつ人妻専門の作品も出始めていまして。
2005年における代表作が、『若妻万華鏡』なのでしょう。
もっとも、『若妻万華鏡』は人妻ゲーであること以上に、
NTL(寝取り)であることの方に意義があるように思います。
NTLって、エロにおいては定番だと思うのだけれど、
なぜかエロゲでは常にマイナーな存在です。
本来はベクトルを逆とし、楽しみ方が異なるはずのNTRと、
一緒に扱われることもしばしばありますし。
個人的には好きなジャンルなんだけれど、あまり皆興味ないのかな。
そのNTLにおいて、プレイして衝撃を受けたのが、
『若妻万華鏡』だったんですよね。
当時は、イエローピッグなんてブランド知らないよ、
土天冥海って誰だよって感じでしたが、
土天冥海さんはその後にエルフで幾つも作品を発売し、
この手のジャンルの第一人者として有名になりましたが、
最初から輝いていたってことですね。



私はハッキリ言って、2005年のシナリオゲーの大半は評価していません。
ストーリーという観点からは、印象の薄い年でした。
ただ、その中にあって、とてもインパクトのあった作品が、
『僕は天使じゃないよ』でした。
この作品は他のエロゲとテキストの表現方法から異なり、
こだわりを見せていますので、
間違いなくシナリオゲーと言えるのでしょうね。
癖のある作品なので、好き嫌いは分かれそうですが、
まぁたまには、こういう作品があっても良いと思うし、
何より雰囲気が好きだったな~



ストーリーを楽しみつつ、エロも十分という作品では、
『脅迫2』が印象的でした。
エロゲ史における意義という意味では、初代『脅迫』に軍配が上がるし、
だから初代の方を名作扱いしているのだけれど、
正直なところ、初代脅迫は絵が好みでなかったのもあり、
それほど好きな作品でもなかったんですよね。
それに対し『脅迫2』はキャラデザが非常に好みだったし、
主観的にはこっちの方が好きでした。
私はアイルの作品には好きな物が多いし、
一時期は一般的にも人気ブランドだったのだけれど、
いつのまにか下降していきましたよね。
本作辺りが元気だった頃の最後の作品とかになるのでしょうか。
なんかよくわからないけれど、とりあえず本作は好きでしたね。
kyouhaku201.jpg


非恋愛だけどストーリーも楽しめる作品として、
2005年には『NOISE-ノイズ- 』もありました。
こういう作品は年々減っていったので、貴重ですね。



あと、必ずしも自分が楽しめた作品でもないけれど、
2005年はBLゲーもまだ元気だったなと。
『咎狗の血』はニトロ系の作品で、
男性向けのニトロ作品にある変にオタクに媚びた要素がないので、
ハードボイルド路線としては、このキラル作品の方が良質なように、
個人的には思います。
咎狗の血 Vista/7対応版

それから、女性向け作品の原画といえば由良さんが有名だけれど、
その由良さんの2005年の作品が、『絶対服従命令』でした。
評判の良さほどには良いとも思わなかったのだけれど、
『不確定世界の探偵紳士』のシステムを発展させた作品でもあり、
この手のジャンルはもっと伸びる可能性があると思うし、
増えて欲しいように思いますね。
CDソフト絶対服従命令


まぁ後は、人によってはロミオさんのイマとか、
丸戸さんのパルフェとか挙がるのかもだけれど、
この手のライターって本当に人気なの?って常に疑問は残ります。
葉とか鍵とかは、ストーリーが評判になって、
それでブランドも大きくなって最大手にまで上り詰めたわけで。
それならば、仮に個人的に好きでなかったとしても、
世間一般ではストーリーないしシナリオが評価されたんだろうってのも、
納得できるはずです。
だけど、ロミオさんも丸戸さんも、大手ブランドからの発売という、
名を売る機会は十分に与えられていたはずなのに、
新作が出ても売り上げが全然伸びないんですよね。
両名の作品の中には自分も好きな作品はあるけれど、
それは単に自分が好きなだけであり、
有名に思えるのもネット上で一部の声の大きい人の活動が顕著なだけで、
実は一般的にはあまり支持されていないのではと、
どうしてもそう思ってしまうんですよね。


<2005年のアニメ>


90年代後半は、アニメを非常に良く見ていました。
テレ東系が元気だったし、深夜アニメも増え始めていましたから。
しかし、2000年頃だったかな、何か極端につまらなくなって、
また自分の読んでいる作品ばかりアニメ化されるものだから、
一時期アニメから離れていました。

で、またアニメに戻ってきたのが、2005年頃になります。
端的に言うならば、『極上生徒会』にハマっただけなんですがw

また、エロゲのアニメ化というと、以前は地雷しかないイメージでしたが、
京アニの『AIR』で、そのイメージは払拭されましたね。
まぁ、ここでエロゲがアニメとして成功してしまうことが、
短期的にはエロゲには良かったとしても、
長期的にはどうだったのかと激しく疑問は残りますけどね。

リアルタイムで見たのは少なかったのですが、
その後に見て面白かったものとしては、
他には『ARIA The ANIMATION』『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』
『かみちゅ!』とかがあるでしょうか。

個人的には本格的にアニメに復帰するのは2006年とか2007年になりますが、
たぶん一般的にみても、深夜アニメとかが復権してきたのは、
2006年頃になるのだと思います。
そして深夜アニメが活気付くのに反比例するかのように、
エロゲの勢いがなくなっていった印象ですかね。

関連するタグ 


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「備忘録」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

NTLに関しては、ヒロインが他人と肉体関係を持ってる時点でNGっていう独占好き?の人が多いんだろうなぁと想像してました。

アイルに関しては、作品外の出来事ですが、
脅迫2の頃に原画のリバ原あき氏が
ファイル共有のウィルスに感染し、
いろんなエロゲをダウンロードしてたり、
第三者に成り済まして他人の中傷や、
エロゲ声優の表名義をばらすなどが発覚したことで炎上してたのが影響してるのかなぁと

NTLは、俺だけのものにしてやるぜってことで、
独占好きの人とは比較的相性は良いと思うのですが、
既に他人のものとなっている人を奪うことも多いので、
ヒロインが他人と肉体関係を持っていることがNGな、
いわゆる処女厨と呼ばれるような人とは相性は悪いのかなと。

アイルは、なんかそういうこともありましたね。
っていうか、私はクリエイターの私生活には興味がないので、
何か騒いでいるな~ってくらいの認識で、
どうして炎上していたのかとか詳しい話は全然知りませんでしたが。
瑠璃雪のような恋愛路線も、脅迫のような陵辱路線も、
どちらも作れる希少なブランドだっただけに、ちょっと残念ですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3057-2a4f7917
| ホームへ戻る |