『イケナイ子作り3 ~息子の恋人が魅力的で困ってます~』

『イケナイ子作り3 ~息子の恋人が魅力的で困ってます~』

『イケナイ子作り3 ~息子の恋人が魅力的で困ってます~』は、
2016年にWIN用として、エロイットから発売されました。

オッサンユーザーには良い作品ですね。

イケナイ子作り3 dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。
選択肢の数も少なく、攻略は非常に簡単になっています。

あらすじ・・・お隣さんのひとり娘、秋月 優奈。
学園で教職についている主人公にとって、
彼女は大切な教え子であり、また娘同然の存在だった。
ある日、主人公は息子の康一から
二人が恋人として付き合い始めた事を聞かされる。
息子の報告をおおいに喜んだ主人公は、
父親として二人の仲を応援すると約束する。
ところが、それから数日がたったある日のこと。
主人公はほんの出来心から、
息子の部屋でセックスをしている二人の様子を覗き見てしまう。
息子に抱かれながら絶頂する優奈。
少女が見せた【牝】の顔を初めて目にした主人公は、
彼女に欲情してしまっている自分に気づく。
二人の将来を考え、どうにかその欲求を隠し通そうとする主人公。
しかし、優奈の体に刻まれた性交の痕跡を目にした瞬間――
ついにその感情が爆発してしまい、
主人公はなかば強引に彼女と肉体関係を結んでしまうのだった。
恋人に嫌われるのを恐れ、
主人公に抱かれたことを秘密にしておきたいと言う優奈。
主人公はそれに賛同するものの、
牡としての欲求はおさまることなく彼女の体を求め続けていく。
……こうして、二人の【イケナイ】子作り生活が始まった

<総論>


エロゲユーザーの実態など、まるで知る由もないのだけれど、
エロゲユーザーの高齢化が叫ばれている今日、
結構オッサンユーザーも増えていると思うわけでして。
なぜかフルプライスゲームでは、
高校生主人公の学園ものばかり発売されていますが、
そんなに皆、高校生をやり直したいのかと。
オッサンユーザーがそれなりにいるならば、
むしろ息子の彼女に手を出したいとか、
教師ならば教え子に手を出してみたいとか、
そっちの方に親近感を抱きやすい人も増えているんじゃないのかな。
本作のヒロインは、主人公にとって学校の教え子でもあり、
息子の恋人でもあります。
本作は、そんなヒロインを息子から寝取ってしまう作品なのです。

<感想>


さて、内容としてはHシーンが中心となるのでしょうが、
設定が設定だけに、学校内や家でのHシーンばかりになります。
タイトルに「子作り」とあるくらいなので、
終盤でのボテ腹Hは見所の一つと言えるのでしょうが、
それ以外は特に奇抜なシチュとかはなかったですかね。

もっとも本作は、シリーズ過去作に比べ、
淫靡さや背徳感を強調してきたようでして。
つまり個別のHシーンだけに力を入れるのではなく、
そこに至る流れも大事にした作品というわけですね。
したがって、シーン単独よりも流れを重視する私としては、
十分楽しむことができました。

考えてみれば、息子の嫁に手を出すという作品も、
ロープラ作品を中心にして少しは発売されています。
ただ、その大半はストーリー性が希薄であり、
背徳感とかが感じられないものだから、
読んでいて楽しめないし、記憶にも残らないことが多いのでしょう。
その点、本作は、特に目新しいところはないのだけれど、
最近の同系統の他作品と比べて、比較的背徳感とかの描写が優れており、
だから読んでいて楽しく、記憶にも残りやすかったのかなと。

<総合>


シンプルな作品なのだけれど、シナリオは読んでいて楽しかったです。
まぁ、しいて言うならば、価格のわりにはCG数が少なめなので、
その点が少し残念でしたかね。
また、個性に欠ける面はあるので、主観的な印象と比べると、
評価は低くなってしまいます。

繰返しになるけれど、もしエロゲユーザーの高齢化が進むのであれば、
こういうジャンルは今後もっと増えていくのだと思うし、
この手の作品が好きな人ならば、本作はまず楽しめると思います。
また、抜きゲーであっても、最低限のストーリー性は欲しいという人でも、
これなら楽しめるのかなと思います。

このジャンルが好きか否かで大きく左右されるので、
その意味で万人向けとは言えないのでしょうが、
個人的には結構好きな作品でした。

ランク:C(佳作)



DL版
イケナイ子作り3 dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3039-fdbc86f6
| ホームへ戻る |