<雑記> 今一度、1983年のアダルトゲームを考える

<雑記> 今一度、1983年のアダルトゲームを考える

「アダルトゲームの歴史 1983年」の記事を修正しました。
ほとんど変わっていないので、そちらの記事は、
一度読んだことのある人は読む必要ないです。

ただ、個人的には、今一度考えるべき点があると思い、
この時期を考える上での注意点のようなものを書いてみました。

<1983年>


エロゲの歴史の、1983年の記事を修正。
もっとも、やったことは見出しを付けたのと、
改行と、文体を変更した程度ではありますが。

1983年前後のアダルトゲームの歴史については、
読んでいる人には考えてもらいたいことがありますが、
雑記ということで、ここでは自分の考えを主に述べていきます。

<元祖>


まず、1983年前後の話題となると、
どうしても元祖は何かという話題になりがちです。
これに対しては、正直私は、不毛な意味のない議論なのかなと。

今日、アダルトゲームと呼ばれるものは、
18禁指定を受けたゲームのことを指します。
つまりね、女の子の裸があったり、Hをほのめかす会話が出てきても、
それだけでは18禁にはならないし、
アダルトゲームにはならないということが言いたいのです。
エロい表現がある作品の中で、更に一定の程度を超えたものが、
アダルトゲームとなるわけです。

ところが、元祖云々の話になると、
最初にアダルトゲーム足りえる作品は何かの話ではなくて、
最初にエロい要素を含んだ作品は何かの話へと、
いつの間にか論点がすり替わってしまっているのです。

テキストADVの中にHに通じるテキストが含まれていても、
そんなんで18禁指定なんてされるわけがありません。
線で描かれた四角の中に丸が二つ並んでいても、
そんな小学生以下の絵で18禁指定なんてされるわけがありません。

およそ誰も18禁指定すべきだと考えるはずのない作品に対しても、
エロに関する表現が含まれているからと、
だからこそこれが元祖エロゲだと遡って含めてしまうのは、
私は違うのではないかと思うのです。

もし元祖エロゲが何かに興味がある人がいたら、
結論が私と異なるのは構わないけれど、きちんとその理由を、
即ち単にエロ描写が含まれているかという形式的な部分だけではなくて、
もう少し実質的な観点から考えて欲しいなと思います。

<二次オタと当時のエロゲ>


次に、炉利に関する話です。
今のエロゲのユーザーは、漏れなく二次オタと言えるのでしょう。
だから、今のエロゲと二次オタの文化は密接に関連するし、
二次オタの文化からエロゲを考えるのは、
一つの手法として十分にありえるのでしょう。

そして、80年代前半に、二次オタの間でロリコンブームがありました。
そうなると、ついつい陥りがちなのが、当時のロリコンブームから、
炉利系のエロゲにつなげて考える発想なのかなと。

90年代後半以降になれば、二次オタは皆PCを持つようになりましたので、
その時期くらいであれば、二次オタ文化とエロゲを交差させて考えるのも、
私は良いと思います。
だけどね、80年代のPCなんて、高価な大人の楽しみであり、
オタが簡単に手に入るものではなかったんですよね。
例えば、ジャンプが150円だった時期に、PCは50万円以上しましたし。
二次オタでもPCを持っていない人は大半だったし、
PCを持っている人は別の目的で入手し、
二次オタでないという人も多かったわけで、
この時期のエロゲと二次オタは分離されていると思うのですよ。

この時期の二次オタの流行や文化からエロゲを語るのは、
私は致命的なミスリードを行いかねない、
非常に危険な行為だと思うのです。

少なくともPC98の時代までは、二次オタの視点だけでは、
決してエロゲを理解しきることはできないし、
古い時代に興味があるのであれば、
その点は絶対に忘れないで欲しいと思うのです。

<炉利ブーム>


三つ目に、上記の点とも密接に関連する話になるのですが、
より具体的なゲームの流行の話になります。
元祖エロゲとして名が挙がりやすい『野球拳』が炉利っぽいことから、
以降は炉利ゲーが流行ったとつなげるのは、
とてもとても簡単なんですよね。
一見すると、流れとしてつながっているようですし。

でもね、この時期は炉利ゲーが流行りました・・・
ホント?ホントにそうなの?と、その手の記事を読む人には、
まずそこに厳しい疑いの目を持ってほしいなと思います。

『ロリータシンドローム』とかはあるけどさ、
基本的に炉利ゲーを作ってたのって、PSKだけじゃん、
数年後に炉利ゲーブームが去ったというけどさ、
それって単にPSKが作らなくなっただけじゃね?と。
一つのブランドだけが何本も作っていただけでは、
別にエロゲーとしてブームになっていたとは言えないと思うのですよ。

今のエロゲユーザーは二次オタなので、しかも萌えの名の下、
実質的に炉利好きな人ばっかなので、
炉利ゲーについつい目がいってしまうのでしょうけどね。
当時の比率から言えば、
むしろ劇画っぽい作品の方が多かったんじゃないかな。
当時の売上データがないので、正確なところは分らないのだけれど、
お金に余裕のあるオッサンがPCを買って、
そして上記のように、おそらく大半は二次オタではないとすると、
それでスケベ方面にも興味を持ったとしたら、
一体どういうゲームに興味を抱くのか。
個人的には『緋牡丹お竜』とか『悪女かまきり』とか、
映画のゲーム化作品の方にむしろ目が行くんじゃないかなと思うのですよ。
もちろんそれに限らなくても、
光栄の『団地妻の誘惑』であるとか、
ファルコムの『女子大生プライベート』であるとか、
二次オタと切り離されたところの、
金のあるスケベオヤジをメインユーザーとして念頭に置いた方が、
しっくりくるゲームが多いように思いますし。
また二次オタでなくても、ゲームを買うくらいですから、
少なくともゲームには興味のある人ばかりではあるでしょう。
だから、この時期のエロゲは結構ゲーム性を追求していたと言っても、
あまり違和感はないと思います。

<さいごに>


83年頃というのは、実質的にアダルトゲーム元年ということもあり、
皆が気合を入れて書いているように見える反面、
プレイヤー自体は一番少ない時期でもあります。
だから言ったもの勝ちになっている感もありまして。

結論はともかくとして、
脱げば即18禁扱いみたいな小学生的な発想はやめて欲しい、
当時のユーザー層と今とでは違うのだから、
今の視点・価値観をそのまま適用して欲しくない、
つまり安易に二次オタの文化・視点でこの時期のエロゲを図るべきではない、
ということを、今一度考えて欲しいなと思うのですよ。

関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3036-38e72701
| ホームへ戻る |