DMM GW 246ブランド合同キャンペーン、EVE burst error R、日記

DMM GW 246ブランド合同キャンペーン、EVE burst error R、日記

DMMが、GW 246ブランド合同キャンペーンを開始。
今週の新作分は、右のバナーあたりに出ています。

EVE burst error Rも発売されたようで、
違う作品の方のリメイク話ばかり出ていただけに、
ちょっと驚かされました。

<GW 246ブランド合同キャンペーン>


DMMは毎年ゴールデンウィークに、
大規模な半額キャンペーンを行っています。
ただ、今年は若干様子が異なるようでして。

一応、「GW 246ブランド合同キャンペーン」というのがあり、
多くの作品が半額になっています。

しかしながら、例年は存在しているセール時の特別のバナーが、
今年は存在しないようです。

あまりやる気を感じないのですが、いつも半額になっているような作品は、
今回も半額になっているようですからね。
なので、気になる作品がある人は、
今のうちにチェックしておくべきでしょう。

<EVE burst error R>


EVE burst error R dl

全年齢向けということらしいですが、
『EVE burst error R』が発売されました。

『EVE burst error』のリメイクは何度もされているけれど、
どれもこれもダメな気がします。
今回は、どうなのかな。

特徴は以下の通り。
1.グラフィックをデジタルリマスター!!
PC98 版、セガサターン版の原画を使用し、
一から高解像度で綺麗に彩色しなおしました。

2.オリジナル原画家『田島直』先生描きおろし
 新規イベントCGを追加!!
『EVE burst error R』の開発にあたり、
オリジナル原画家である『田島直』先生に参加していただき、
セガサターン版CG新規カットを描きおろしてもらいました。

3.捜査をスムーズにするシステムを追加!!
ゲーム進行をサポートするための様々な機能を実装しました。

4.口パク、演出の強化!!
口パクや、イベントシーンでの振動、AEアニメーションなど
現代的なアドベンチャーゲーム演出表現を入れ込み、
シーンの表現を強化して従来のファンにも新鮮な表現を心がけます。


・・・今回はこれまでのリメイクと異なり、
少しはオリジナルを大事にしているのかなとは思います。

でも、何で18禁じゃないのかなと。サターン版ベースってことなのかな。
それと、たぶん、今回の一番の目玉は、
当時の原画をデジタルリマスターして、
高解像度にしたってところなのでしょう。

ただ、高解像度にして彩色しなおしたからといって、
綺麗になるとは限らんのですよ。
私は本作のサンプルCGと過去のCGしか見ていないけれど、
パンツの皺とか、オリジナル版の方が凄く描き込まれていたのに対し、
今作はのっぺりとしていて、明らかに線の数が減っていて、
手抜きにしか見えないのです。
他の部分は知らないけれど、
少なくとも「塗り」に関しては、私は劣化したと断言します。

そういや、口パクとかアニメーションとかは、
サターン版にもなかったっけか。
製作者のコメントから伝わる意気込みとかから、
現時点では好意的に受け止めてはいるものの、
あまりグラフィックには期待しない方が良いのかなとは思いますね。

まぁ、あとは、誰か購入して、ここに感想でも書いてくれると、
非常に助かるのですがw

EVE burst error R dl

<日記>


続きの扱いをどうするかは別として、
とりあえず「エロゲの歴史」の記事を、少しずつ書き直します。
まぁ、見出しをつけるとか、改行するとか、
今まで読みにくかったPC・スマホの人でも、
少しは読みやすくなるようにという程度でしょうが。
もちろん、変なところは直していくつもりなのだけれど、
意外と大変なんですよねw

関連するタグ ダウンロード /DL /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「予約・新作・ダウンロード」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

EVEは何故か何度もリメイクされてますね~。

katanさんの書くエロゲの歴史はすごく勉強になります。数多くの作品をやってる人じゃないとあの記事は書けないですから。

この休みを利用して新作のISLANDをクリアしたのですが、久しぶりに商業作品でストーリーのすごいゲームが出てきたと興奮しました。

発売前からアニメ化が決定していたので、それを前提としたソフトな内容になるのではないかと心配でしたが、全然そんなことなかったです。

同人ゲーのひまわりの魅力だった、壮大なSFストーリー、複雑な人間関係、伏線の巧みさは健在で、シナリオライターごぉさんの腕は全く衰えていなかったです。

SFもののノベルゲームとしては、ひまわり以来の傑作だと思いますね。

> EVEは何故か何度もリメイク
一見すると、剣乃作品の中では移植しやすいように見えるからでしょうか。
でも、直観的には皆面白さを理解しているのだけれど、意外と正確には把握しきれていないのかなと。それで移植が上手くいっていないのかなとか、勝手に想像してみたり。

> 数多くの作品をやってる
まぁ、私の場合は一杯やってますからねw
でも、あらためて調べ直すことで、気付かされることもあります。
今までの書籍とかは、数年前に出たやつもそうなんだけど、単にネット情報を貼りつけただけなんですよね。当時の本すら調べていないようなものばかりなので、プロならせめて調べようよって思ってしまいます。少なくともエロゲにおいて、ネットから得られる知識は限定的なものですし。

> この休みを利用して新作のISLANDをクリアしたのですが、久しぶりに商業作品でストーリーのすごいゲームが出てきたと興奮しました。

おぉ~それは楽しみになってきました。
私はこの休み中は旅行しまくっているので、ちょっとプレイするのが遅れてしまいそうです。
眼鏡も買い替えたので、金も時間もないw
まぁ、しばらくは期待している作品が少ないので、ゆっくりと堪能したいと思います。

旅行いいですね~。私は今週もほぼ仕事なので、大型連休の人が羨ましいです。

今年はグラフィック・演出重視の「まいてつ」に、ストーリー重視の「ISLAND」と順調に代表作が出てきてるように思います。

5月はとりあえず「EXTRAVAGANZA ~蟲狂編~」が楽しみですね。


> 旅行

今年のようなチャンスは、そうそうないもので。
久しぶりに動き回っています。

> 今年はグラフィック・演出重視の「まいてつ」に、ストーリー重視の「ISLAND」と順調に代表作が出てきてるように思います。

「まいてつ」は別格でした。
「ISLAND」はこれからですが、評判通りならば、
年間通じての代表作にもなりえそうですね。

ただ、今年はそれに続く作品がないというか、
私の基準でいうところの良作に相当するような作品が少なくて、
楽しめている期間が少ないように感じています。
名作ばかりでなくて良いから、途切れることなく良作に出会えれば、
個人的にはそれで良いのだけれど、なかなか難しいです。

> 5月はとりあえず「EXTRAVAGANZA ~蟲狂編~」が楽しみですね。

これは全くの予想外だったので、知ったときは驚きました。
EXTRAVAGANZAも、今年の10月で10年になるんですね・・・早いな~
この10年、結果的には、
EXTRAVAGANZAより高い点を付けた作品がないので、
そういう意味でも思い入れ深いし、新作に期待したいものです。

確かに楽しめた作品の本数自体は少ないですね。面白いと感じる作品数が年間通して多いほうが、充実してて良いですしね。そう考えると今年は今のところ、結構寂しい年だと思います。

EXTRAVAGANZAはこの10年間でも別格なゲームでしたね。それだけに、今後あれ以上のゲームがどれだけ出るだろうと不安もあります。

あと言い忘れてたんですが、最近プレイしたゲームでオススメがあります。もしかしたらプレイ済みかもしれないですが。

「幻想魔境奇譚」という2014年発売の同人ノベルゲーで、公式のジャンルは長編伝奇ビジュアルノベルとなっています。プレイ時間は10時間くらいです。

現在主流の多くの美少女ゲームをラノベ寄りとするなら、本作は一般小説寄りの作品になります。落ち着いたテキスト・グラフィック・サウンドを堪能しながら物語の世界に没入したい人、緊張感のある未知の冒険にワクワクしたい人にオススメです。

> 「幻想魔境奇譚」

「幻想魔境奇譚」は知ってはいたのですが、未プレイです。

体験版はプレイしたのですが、普通のノベルゲーと異なる点、
作者のセンスに依存した作品であることは分かったのですが、
これが面白い方向に進むのか、それともただの独りよがりで終わるのか、
その辺の判断がつかなかったものですから。

誰かの参考になる意見を見て判断しようと思っていたら、
まともな感想そのものがほとんどないため、
保留のままずるずるときていました。

面白いとのことなので、溜まっているゲームが終わったら、
挑戦してみます。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3032-febd85e1
| ホームへ戻る |