龍の花園

龍の花園

『龍の花園』は1992年にMSX2用として、
モオソフトから発売されました。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
属性:伝奇

ryuunohanazono01.jpg

まずは簡単なあらすじから入りますと、
故郷に帰ってきた主人公はそこで久しぶりに幼なじみと再会。
しかしその幼なじみの女の子は、
「龍の花園へ」というメモを残して消えてしまいます。
主人公は消えた彼女を探すため、
彼女の通う学校に調べに行くことになるのです。

物語のジャンルとしては伝奇ミステリーとなるのでしょうが、
近年は比較的多いようなものの、この頃は少なかったように思います。
特別優れているとまでは言えないかもしれませんが、
語りすぎずそれでいて練られたストーリーは、
安定して楽しむことができました。

もっとも『龍の花園』に関しては、
別の点の方が話題になりやすいのだと思います。

まずは制作したのはモオソフトというところなのですが、
漫画家の青井泰研さんプロデュース作品で、
陽気婢さん、魔北葵さん、夏島とほるさん、綾坂みつねさんという、
4人の漫画家も原画に参加していたそうです。

まぁ、個人的にはそれほど優れているとも思わなかったのですが、
話題性という意味では十分だったのではないでしょうか。

それ以上に注目すべきだったのはシステム面で、
『龍の花園』は時間の概念を取り入れたADVでした。
つまり同じ場所であっても、
時間によって登場するキャラやイベントが異なるわけです。
更に、主人公の行動によってEDが変わる、
マルチエンディングの要素も取り入れていました。
まぁ、後発の作品を例に出して申し訳ないのですが、
『猟奇の檻』みたいな感じが近いですかね。

80年代のADVにもマルチエンドのADVもありましたし、
時間の概念を取り入れたADVもありました。
でも、これらの要素を両方取り入れたADVとなると、
ほとんどなかったのではないでしょうか。
『同級生』よりもわずかに先ですし、或いは初なのかもしれません。

そういう意味では先駆的な部分を評価し、
名作という人がいても不思議ではないし、
それだけの内容を伴った作品だったと思います。

ただ、同級生みたいにもっと何かを組み合わせたり、
或いは組み合わせた要素を練っていれば文句なかったんですけどね。
若干物足りなさが残ったこともあり、
個人的には名作に近い良作にとどめておきます。

MSX2専用ということで当初はマイナーな存在でしたが、
今はDL版でも遊べるみたいですね。
いろいろと見所も多い作品なだけに、
興味がある人にはぜひプレイしてもらいたい作品かと思います。

ランク:B-(良作)

関連するタグ ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/303-d06dc257
| ホームへ戻る |