<日記> ラブライブ スクールアイドルフェスティバルなど

<日記> ラブライブ スクールアイドルフェスティバルなど

はいふり3話の感想を書く予定だったのだけれど、
もかちゃん出て来なかったし、あんまりおもしろくなかったしで、
予定変更。

まぁ、あのドイツ人は気に入ったのだけどね。

<群緑の時雨>


群緑の時雨
あらすじ・・・江戸時代初期、幕府が開かれた直後は
まだ地方では小さな国同士の争いが起こっていた。
その中のひとつ、士々国の武家で育てられている中谷霖太郎は、
父親が戦で背中を斬られて死んだという不名誉な噂で
他の武士から蔑まされていた。それでも霖太郎は親友の府介と共に、
その幼い胸に武士の誇りを刻み、まっすぐ生きようとする。

・・・私の大好きな漫画に、『ふたつのスピカ』があります。
NHKでアニメ化も実写化もされているようなので、
たぶんかなり知名度はあると思うのですが。

もっともアニメ化されたのは2003年であり、その頃の私は、
原作を読んだ作品はアニメとかでは見ないという方針だったこともあり、
また単純に一番アニメから離れていた時期だったこともあって、
残念ながらアニメの方は見ていないので、
当時の様子は知らないのですけどね。

その『ふたつのスピカ』の作者である柳沼行さんの作品で、
2011年から2013年に刊行されたのが本作になります。
全部で4巻までしかないので、スピカとかよりは短いのだけれど、
柳沼行さんらしい雰囲気の作品でしたね。

ただ、作品自体は『ふたつのスピカ』ほどの面白さはなく、
普通に面白いって程度でしょうか。
そういう意味では、必ずしも読んで欲しいという作品でもないけれど、
でもこれ、『ふたつのスピカ』の過去の話なんですよね。
だから本作を読むと、また『ふたつのスピカ』が懐かしくなるみたいな。
なので『ふたつのスピカ』が好きで、まだ本作は未読という人がいれば、
ぜひとも読んでもらいたいですね。

群緑の時雨


<ラブライブ スクールアイドルフェスティバル>


ちょっと薦められたこともあり、
久しぶりにスマホでゲームをやっています。

少なくとも自分の好きな曲が出てくるまではやりたいのだけれど、
リズムゲーは得意ではないし、無課金でやりたいと思っているので、
ゆっくりしか進めないのでしょうね。

まぁでも、キャラはアニメ版と同じキャストでフルボイスだし、
曲数も多いので、良い作品だと思いますね。

<日記>


今更ながらに、初めて人狼ゲームをやったんだけれど、
無駄に時間は食うし、ギスギスしたような雰囲気にもなるし、
あんまり自分には合わないなと。

まぁ、構造的にいろいろ問題のあるゲームだなと思いつつも、
まだその場での中心人物が初心者に配慮できるのならば、
面白く終われるのかもしれないけれど、
初心者を加えつつ早々に排除してしまっては、
楽しさは理解してもらえないよねと思う。

関連するタグ 


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3027-4eb85455
| ホームへ戻る |