『ノゾキベヤ』

『ノゾキベヤ』

『ノゾキベヤ』は2015年にWIN用として、
ようかい玉の輿から発売されました。

娘のHを覗き見るという発想は良かったのですけどね。

ノゾキベヤ dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
毎日夜遅くまで仕事をした。残業なんてつらくもない。
上司に頭を下げるのだってなんでもない。全ては愛する娘の為に…
離婚してからもう十数年。
妻はいなくなったが寂しくはなかった。娘が俺について来てくれたからだ。
夜遅く帰っても娘が夜食を作ってて…
朝リビングへ行くと、太陽のような笑顔で話しかけてくれる。
この子の為なら何でも出来る。そう思える位
可愛くて、優しくて、大切な俺の愛娘。
だがある日、飲み会の帰りにふと立ち寄ったオナクラ風俗『ノゾキベア』
そこで見た女の子が、凄く俺の娘に似ていて…たった一度のアソビ。
その日から俺の幸せな日常が崩れていった………

<感想>


いつの時代もマイナーな扱いは変わらずも、
80年代から存在する伝統あるシチュ、それが覗き。
個人的には乱歩の小説で覗きに目覚めたこともあり、
覗きを題材とした作品は結構プレイしているように思います。

本作もまた、覗きを題材にした作品であり、
しかも覗いた先では自分の娘がHをしていたという、
何とも興奮するシチュであることから興味を抱いた作品でした。

もっとも、残念ながら、覗きという点からは全く楽しめませんでした。
特に芸もなく、覗いたら娘がHをしていて、
ただそれを眺めるという作品でしたから。
この観点からは、完全に駄作と言えるのでしょう。

本作には他にも近親ものという側面もあるのだけれど、
その方面からもごく普通の出来でしかなく、
ストーリー全般という観点からは、あまり良くはなかったですね。

ただ、ひょっとこフェラの表情であるとか、
鼻フックや腋毛のCGというのは、中々にインパクトがありまして。
決して万人受けする要素ではないし、
人によっては何のプラスにもならないかもしれないけれど、
好きな人にはたまらないのだろうなという印象は与えました。

<総合>


主観だけで言うならば駄作となるのですが、
こだわりポイントもありますので、
総合では凡作としておきます。

覗きとか近親ものという観点からは全く楽しめないのですが、
鼻フックに腋毛の生えた下品なCGというのは、
美少女ゲームでは少ないですからね。
そこに魅力を感じられるのであれば、
十分元を取れるだけ楽しめるようには思いますね。

ランク:D-(凡作)

ノゾキベヤ dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2015」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3026-e544ece3
| ホームへ戻る |