『マイ・ロリータ』

『マイ・ロリータ』

『マイ・ロリータ』は1985年にPC88用として、
光栄から発売されました。

『ロリータ・シンドローム』の後継作であり、
光栄の黒歴史の一つとして有名な作品ですね。

mylo017.jpg

<感想>


これ、その手の話題の中ではかなり有名なんでね、
古い作品ではあるのだけれど、あちこちで語り尽されていることもあり、
それでずっと書いていませんでした。
特に自分が付け加えることもないので、
今回はただ単に、カタログ的に一応紹介しておくだけとなります。

mylo0168.jpg

さて、知らない人用に少し説明しておきますと、
83年にエニックスから、
『ロリータ・シンドローム』という作品が発売されました。

エニックスはゲーム機ではドラクエなどRPGのイメージが強いですが、
80年代のADVはエニックスの時代と呼べるほどに、
PCではADVに強いブランドでした。
つまりPCゲーの黎明期から優れていたブランドだったのだけれど、
その一方で80年代前半にはアダルトゲームも出していまして。
その中に『ロリータ・シンドローム』があり、
幼女の腹を切り裂くなど、グロゲーとも呼べる過激さを有し、
ユーザーに衝撃を与えたものでした。

『ロリータ・シンドローム』自体は売れたようですが、
さすがに過激すぎたからか、エニックスからの発売は見送られました。
もっとも捨てる神あれば拾う神ありで、
同じ作者による後継作として本作が、光栄から発売されたのです。

本作も幼女と「お医者さんごっこ」をする作品なのですが、
前作同様にグロゲーでもありまして。
有名なシチュとしては、便秘の少女に浣腸をするとか、
少女のクローン人間を作る為に卵子を摘出するとかがあります。

<総合>


まぁ好きな人には、今回もたまらない内容だったのでしょう。
もっとも個人的な見解としては、前作ほどではなかったのかなと。

確かに前作とだけ単純に比較するのであれば、
本作の方が進化しているのかもしれません。
しかし本作は後継作ということもあり、
前作ほどのインパクトはなかったですし、
ゲーム部分も面倒臭くなっただけのように感じましたからね。

また、一言で説明すれば、どちらも古い作品となるのでしょうが、
この時期の進化のスピードは激しかったわけでして。
周りのPCゲーが飛躍的に進化していく中では、
本作は相対的に沈んでしまうのかなとも思います。

従って総合では前作同様に佳作としてあるものの、
前作が良作に近い佳作であるのに対し、
今作は普通に佳作といった感じであり、
実質的に1ランク下に近い印象を抱きました。

それにしても、こういうネタゲーばかり注目されて、
同時期の他の優れたアダルトゲームなどが語られないのには、
何だか複雑な気分にもなってしまいます。
まぁこれはこれで面白いとは言えるし、
近年はエロゲの話題性が低くなっているだけに、
ネタゲーとしてであっても、
盛り上がりやすいのは良いことなのでしょうね。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ PC88 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1985」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3021-d6b4a6a5
| ホームへ戻る |